ERUKロゴ.png
ay_bnr234.jpg

2016年06月22日

入院前記

入院前日、入院に向けての買い出し、準備に追われていました。

生活品の買い出し、退屈な時間を紛らわすための本、服の詰め込み。

20160622095415486.jpg

何だか明日から試合に行くみたいだなとも感じてしまいながら、あ、グライダーやらGPSなんかはいらないな。
と自分に突っ込みをいれたりしてみます。

明後日には手術です。
不安はないと言えば嘘になりますが、あとは先生にお任せです。
どちらかというと術後の目が覚めた後の状態を思うとげんなりしますが、
ただ、早く治したい。という思いが強いです。

一段落したとこで少しだけ落ち着くために近くの滝でマイナスイオンに癒されます

20160622095835716.jpg

長野はこんなとこが近くにあります。

こんなところも見せてあげたいと思いながら最後の準備にとりかかります。

さて、今朝も最後のチェックと掃除をしてこれから病院に向かいます。
posted by Yoshiki at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

新しい出会いと展開

地元をゆっくりと見渡すことができたのは、人生で初めてのことだと感じます。
そして、この伊那谷というところは非常に魅力的なのだと改めて感じました。

東西に、中央アルプス、南アルプスが連なり、まだ開発されていない自然環境もおおいこの場所。
パラグライダーも、MTBもロードバイクも、クライミングや、登山も、カヤックも、そういったアクティビティが
楽しめるだけの材料が豊富にある場所です。

そして、この伊那谷をなんとかしていきたいという方々にここのところよく出会います。
みな、真剣です。でも、少し横のつながりが少ない。そんな提案を最近話をしています。

パラグライダーをやっている私ですが、パラグライダーって何かを知らない方、知っていても、ただ滑空するというイメージ、
ましてや大会というものが存在することすら知られていません。そんなパラグライダーを町おこしにしようといっても
それは難しい。
ただ、ではパラグライダーにプラス何かを結びつけたら?
やってみたい、そんな間口を広げてみたら?
そんな提案をしています。

パラグライダーだけでなくても、今、楽しいアウトドアスポーツはたくさんありますが、どのスポーツも、新しい人が入ってこない
という声をよく聞きます。
じゃ、そのアクティビティをなんでも体験できるそんなフィールドを作ればいいじゃないかという話です。

先日、飯島町というところで街のイベントがあり、それを紹介する機会を頂いたのでパラグライダー、自転車、ツリークライミングの
体験会を開催し、他にもいろんなアクティビティができるんだよ!というブースを出させていただきました。

昔は田舎の子供は、学校帰りには歩いて道草をして、草で遊んだり、木の実を食べたりしてました。
そんな風に覚えたことも多いですが、最近は変質者等親を心配させる自称が多くなり、子供は親が送り迎えをしていくことで、
外で遊ぶよりもゲームをしているということを聞きました。

もったいない。

アウトドア離れといわれますが、その原因はそういうことにも起因しているのだと思います。
子供のうちからそういうスポーツが身近にあれば、世界だって目指せる環境があるのに。

飯島町のイベントでは本当に多くの子供たちが体験に来てくれ、楽しんでくれました。
積極的に自分のおこずかいを持ってきてくれてまでやりたがる子供もいました。

大人だけでなく、子供もアウトドアスポーツに親しめていくことができれば環境は変わっていくのだと感じたイベントでした。

399ec262.jpg

posted by Yoshiki at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

感動を与える

少し前の話にはなりますが、RedBull AirRaceの話。
ニュースでは結構取り上げていましたが、日本人の室屋さんが優勝!!

その瞬間に立ち会うことができました。
今回はPALの計らいで、FORB(Frend of Red Bull)枠としての会場入り。
朝はあいにくの天気だったのですが、予報では回復傾向。
土曜日の予選は強風のためにキャンセルになったということで、日曜日の決勝に期待です。

Palも前日は飛べなかったということで、決勝はしっかりと演技をすると気合・・・入ってないなぁ。
朝はホテルで彼と合流し、最初に連れて行ってもらったのが、AirRaceの飛行機が離発着する
空港。

DSC07612.jpg

パドックではマスコミやら関係者やらでレース前の会場はすでに熱い。
飛行機にはレースクーンではなくエアクイーンが立ち、パイロットたちの取材も始まっていた。

と、あれ?見たことのある外人みたいな人が・・・・・

DSC07610.jpg

パラワールドの小貝さん発見。
それにしてもこの人モンゴルにいたら現地人にしか見えないな。
むしろ東京では浮いている・・・・・。

パドック見学後、空港を後にしようとしたら・・・・

DSC07607.jpg

レクサススーパーカーがズラリ
今回の協賛のレクサス達。

なんでもかんでもイベントの協賛規模の大きさに目が飛び出そうです。
いつかパラグライダーの大会も・・・・・無理か。

さて、会場に到着後、早速FORBの席へ

DSC07628.jpg

中に入ると、以前お世話になったRedBull関係者や、レポーターやらに出くわし、ご挨拶。
みな、怪我大丈夫なの?のあとには、必ずX-ALPSいつ出るの?と色々期待していただいているようで・・・・・。
くぅ。なんだか焦る。

さて、会場ではすでにチャレンジコースの飛行機たちが次々にタイムアタック。
やっぱ本物は迫力ある。

DSC07667.jpg

会場の裏では、こちらでもやっぱり色々なイベントが会場を賑やかにしていました。

DSC07640.jpg

バイクも空飛んじゃってます。

そしてエアショーの途中では

DSC07656.jpg

Palのアクロバティック!
風が強く、思ったほど高度が取れなかったみたいですが、海面すれすれの演技はさすが。

DSC07664.jpg

もう興奮です!!
(あ、ちなみに写真は妹と、友人でモデルやってる矢原里夏)

さぁて、そしてメインの

DSC07631.jpg

決勝まで室屋さんは全てにおいて最速タイムをたたき出してきた。
昨年は、決勝前にまさかのGオーバー(一定以上のGを機体にかけると即失格)
しかし、それを慎重にとびつつ、しっかり攻めているのが、見ていても分かる。

室屋さんが飛んでいる時は会場の空気が全く変わります。
観客皆が室屋さんのフライトに見入っているのがはっきりわかる。

そして決勝。
室谷さんの飛びは鬼気迫る飛び。
フライトはそれまでにとんだ中でトップのタイム。
残りは2人。

その二人のタイムが室屋さんより下回れば彼の優勝は決まります。

室屋さんの次のパイロットは途中でもたつき、タイムが伸びず、最後のパイロットに。
彼のタイムアタックが始まります。会場はそのフライトに釘付け。しかし、これは応援ではなく、
室屋さんに及ばないことを祈る思い。

しかし、彼は速い。
途中までは0.2秒程室屋さんを上回る。
祈る思い。

そして最後のタイム計測地で会場が沸く。
室屋さんに僅かに遅れる。

そしてゴール。

わずか0.5秒の差で室屋さんの優勝が決まる。
そして沸く会場

見ている私も涙が出そうでした。
初の優勝が日本の会場。
出来すぎたレース。


その日の夜、RedBull関係者のパーティーに招かれ、
そこで優勝に沸くなか、チャンピオンの入場。

2年ぶりにお会いした室屋さんは、穏やかでも、強さがわかるそんな方でした。
いろいろな方が室屋さんに優勝おめでとうと声を掛ける中、
少し手薄になった時に声をかけました。

呉:「優勝おめでとうございます!」
室:「おーー久しぶり!怪我大丈夫なの?」

覚えてもらっていたのにぷらすして怪我のことまで知ってたとは。
なんだか感動やら、恥ずかしいやら。
そのうち世界で勝って同じところまで登ってまた話をしたいと強く思ったのでした。

kako-z03XhTuAKq6nTu1O.jpg

その後も関係者ともいろいろお話ができ、MCをやっていたMC Aleeさんも過去パラグライダー業界
との関わりがあったんだとか、不思議な縁がある方たちにもまたお会いでき、
実りのあるものでした。

そして、私はまた自分の状態に焦ってしまったのです。

続きを読む
posted by Yoshiki at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

手術前診察

Palとは最終的に東京で彼のレンタカーを調達して彼はエアレースの会場へ。

今回の彼のチャレンジ、ドタバタの中、空域のリサーチやらなんやらをしてしかも天候に恵まれてのチャレンジ!!
トラブルもありましたが、事後処理もしっかりできて正直ほっとしました。

チャレンジすること、大会にでること、そういったことは世に出して価値をつけることはプロとしては必要なこと。特にマイナースポーツの我々はそういうことを自分達でやっていって価値をつけていくことで、ようやく認識され、パラグライダーというスポーツを知ってもらうことにつながっていきます。

勿論、その為にはその人を応援するいろいろな人の協力があるんだとPalの事を通じ、再認識しました。

願わくば、同じ業界の人にはこういったチャレンジを後押しする協力体制ができればいいと思っています。

さて、私は手術が近くなり、その検査と説明が昨日ありました。

もう、先生ったら少しの笑顔のまま、私の飾らない姿(骨)の3D映像をみせながら、事細か〜に説明してくださったりして。

涙腺が一時期的に閉じるかもしれないのでここにはチューブをいれる、だとか、ここの神経は一回引き剥がしてとか、骨をこっからこっちにもっていくとか、もうロボットをリペアするような気軽さで話を進めていってくれます。

あれ?俺はアンドロイドか何かなのか?
と途中で思ったほど。

最後に、手術後はビックリするくらい顔が腫れ上がるから。とこれまた笑顔で話をしてくれました。

まぁ、順調に物事は進んでいるということで。


明日はレッドブルエアレースを見に幕張へ!ちょっとスペシャルな席での観覧。天気がもつといいですが。
  • 20160604173553402.jpg
posted by Yoshiki at 17:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ERUK ロゴ.png