ERUKロゴ.png
ay_bnr234.jpg

2017年02月28日

プロのガイド

先日、友人で仲間である山岸氏から「冬山でのトレーニングもかねて中央アルプスの木曽駒を登らないか?」
という提案を受け、「もちろん!!」と快諾。よしよし、プロのガイドに連れていかれないと雪山怖いしな。
と思って行ってきたのである。

東京に住んでいるほとんどの人が東京タワーに登らないように、当たり前になりすぎてしまっている
「風景」の山にはあまり地元の人は登らない。

登ってみたかったけれど、そんな知識も経験もない私はこの機会を逃すまいと参加させてもらったのです。
今回は彼のお客様達に同行させていただく形で参加しました。
20170226_102608.jpg

アイゼン、ピッケルを彼に用意してもらい、装備を整え駒ヶ岳ロープウェイ行のバス停で
お客様と集合。軽い打ち合わせの後、バスに乗ってロープウェイへ。

ロープウェイまではこのバスに乗っていかないといけません。
そこからロープウェイで15分ほど登ると、そこは空の青さが一段と濃くなった
白と青の世界

IMG_20170226_120018_412.jpg
遠くに点々として見えるのは、登山者たちです。
手前には数日前に起こった大規模な雪崩のあと。

山を登ることはやっていても、ピッケルや、アイゼンを使う登山は初めてなので、
彼や、彼のお客さんたちの動向を観察して、また、アイゼンの履き方や、歩き方を聞き、
さぁ山へという気持ちになるのです。

外は景色も最高で、多くの登山客、スノーシューツアー、景色を見に来た人たちでにぎわっています。
装備がばっちりな登山客たちを見ると、なんだか「登ります!!」という雰囲気にウキウキしてしまいます。

20170226_130446.jpg

外は軽くー15度以下。
この時にはまだ冬山のおっかなさをそれほど感じていなかったので、
登ることへのウキウキな気分でいたのです。

さて、それでは行きますか!
前にはスノーシュートレッキングの団体。
その後ろから山へ登り始めます。

10mほど行くと、山岸氏が、「アイゼン履こう」といいます。
まだ坂とは言え、あまり急でもない場所。
でも彼が言うからみなアイゼンの準備をして履きます。

ザッ!!!

少し先で誰かがこけたような音。
見ると数m先で、スノーシューの男性がこけてしまったようです。
そのまま、スーっと滑ってしまっています。

「これはヤバいな」
隣で山岸氏がつぶやくように言います。

え?でもスピードもないし、坂も緩いし、何が??と思っていると、
「止まらないよ。最悪かも」
と彼は私の思ったことへの回答のようなことを言います。

その彼はじたばたしながら止まることも姿勢を正すこともなく、
そのまま滑っていき・・・・

消えた

その先は急な坂。
スノーシューのガイドは慌てています。

山岸氏は少し考えた後、彼のお客様達に
「すみません、様子を見てきます。」と荷物を置いて
彼が消えたあたりまで歩いていきます。
私は、目の前で滑落していく人をみて、驚いて、ここは彼の指示を待つべき。
と動かず待つことに。
彼のお客さんたちも同じようでした。

様子を見てきた彼は、スノーシューをしていたガイドに状況を聞き、
警察への連絡、ガイドの装備等を確認し、自分が行くことが最適だと判断した様子。

お客さんのアイゼンを一つ借り、お客さんたちはロープウェイのあるレストランで待つよう
指示をして、装備を確認して救助へと向かいました。

おー、岳がいる。
そんな彼のプロな判断に感動を覚えて待つことに。

彼を慕うお客さんたちは文句ひとつ言わず、むしろ、冬山は安全が一番だと
みな助かるのを祈って自分たちは待機。

かなりの時間、実際にはそれほど立っていなかったかもしれませんが、
彼からの無線が入り、要救は無事だということ。登るのに時間がかかるということが
連絡あり、一安心。

結局、2km近く滑落していたようです。
しかし、運よく、滝の前でとまり、大きな木にぶつかることなくすんだ様子。

登ってきたとき、少し興奮した様子で、手が震えていましたが、元気な姿に
我々もホット一息。

お昼を過ぎてしまっていたので、そのままお昼を食べながら、救助の話を聞いていたところ・・・・。

「あっ!!!」

という声に山を見ると、これから登って行こうという難所の坂を人が滑落していきます。
しかもその下にいる人を巻き込みながら・・・・。

そのまま500m以上滑落して雪が柔らかくなり、斜度が緩くなったところあたりで止まりました。
どうやら、彼らも怪我もなく無事だった様子。

「飛ぶより怖いな」

そう感じたのは素直な私の感想・・・。

短い間に2件もの滑落をみて、時間も少なくなり、パーティーの様子をみた
山岸氏はメンバーに、午後は講習にしましょうと提案。

メンバーたちもそれを受け入れ、食事後、少し登ったところで講習が始まりました。

20170226_130254.jpg


アイゼンを履いて登るということにも、様々なテクニックがあること、
ピッケルの使い方のバリエーション

20170226_130659.jpg


20170226_130733.jpg

バディとのロープワーク、そのバリエーション。

20170226_130729.jpg

そういった様々な講習を午後は時間をかけてしっかりとやりました。
パラグライダーもそうですが、山を登るということに関しても、
安全を保つだけの道具と、それを使うテクニックが必要で、それができることで
自分の身を守れるということがしっかりわかります。

20170226_152401.jpg

講習をしっかり受けた後には、滑落をみたあとではあったものの、それに関しての
原因もわかり、次回登るときへの対策も明確にわかり、雪山は怖い、けれども登れる
という気持ちにさせてくれました。

山岸の「プロ」としてのガイドの仕事を目のあたりにした雪山トレーニングでした。
posted by Yoshiki at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

道具を使うということ。

今日はCEBEを提供してくださっているモンテパズさんとレンズ提供してくださっているICジャパンさんと一緒にお話をさせてもらいました。毎日のように愛用してるサングラスですが、ブラジルの大会では毎日強い紫外線を浴び続け、日本ではトレーニングで汗を浴びまくって、新品と比べて色違いのサングラス??というくらい色が褪せてしまっていました。

20170223195724514.jpg

20170223195731356.jpg

20170223195748263.jpg

ただ、機能的にはまったく問題はないのが凄いですけどね。

道具はパフォーマンスを出すための消耗品だということが改めてわかる出来事。

モンテパズさんも、使い込むって事はすごいことですね!と驚いた様子。

ICさんには、レンズの調整をしていただき、レンズの形も私に会わせて削っていただきました。

ここのレンズは形もオーダーに対応してくれるのです。

ICさんからは今いくつかの種類のレンズを試験でいただいていて、その様子はまたブログでお伝えしていきます。
posted by Yoshiki at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

道具を使うということ。

今日はCEBEを提供してくださっているモンテパズさんとレンズ提供してくださっているICジャパンさんと一緒にお話をさせてもらいました。毎日のように愛用してるサングラスですが、ブラジルの大会では毎日強い紫外線を浴び続け、日本ではトレーニングで汗を浴びまくって、新品と比べて色違いのサングラス??というくらい色が褪せてしまっていました。

20170223195724514.jpg

20170223195731356.jpg

20170223195748263.jpg

ただ、機能的にはまったく問題はないのが凄いですけどね。

道具はパフォーマンスを出すための消耗品だということが改めてわかる出来事。

モンテパズさんも、使い込むって事はすごいことですね!と驚いた様子。

ICさんには、レンズの調整をしていただき、レンズの形も私に会わせて削っていただきました。

ここのレンズは形もオーダーに対応してくれるのです。

ICさんからは今いくつかの種類のレンズを試験でいただいていて、その様子はまたブログでお伝えしていきます。



posted by Yoshiki at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

ウキウキのシューズ

KEENの新作が来ました!!!

いつもお気に入りのユニークの新しいバージョンのユニークO2!!

s_DSCN2538.JPG

かかとがあって、ソールも軽くなってる!!

s_DSCN2539.JPG

ユニークよりもっとシューズっぽい。
これは町に行くときにらくちん。
私はもっぱら海外に行くときもこれが愛用。

そして水遊び&パラグライダーザックに忍ばせておくにはばっちりの

s_DSCN2540.JPG

川遊びはしっかりホールドがいい感じ!!
でも今は寒いから試せないけど・・・・。

で、もう一つ来たのが

s_DSCN2542.JPG

なんだかミリタリーな感じ。

s_DSCN2543.JPG

実際、KEENは最近ウォータープルーフのシューズが多くなってきてる。
ということで早速試しに山へ。

20170220_092806.jpg

残雪は残ってるは、雨は降りだすはで最悪・・・・。
でも靴は快適。

20170220_090007.jpg

なるほど、軽ハイキングやトレッキングにはいい感じ。
トレーニングや、ハードな山というにはちと向かないけど、
少し登ったり、ゆるゆるなとこ行くにはいいね!
あ、MTBにもいいかも。

よし、今度これで試してみよう!!
posted by Yoshiki at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

南からやってきた風の遊人!カイトスキー

南の島で風を使っている遊びの達人である木村夫婦。
連絡だけはとっていたものの、お会いしたことがなかった2人でしたが、
なんでも白馬に出没しているというではないか!
しかもカイトスキーをしに!!!

それは逢いに行かねば!!

16806948_1258827724199966_5383518044309813601_n.jpg

ということで会いに行ってきました。
勿論、カイトもやらねば!!!

OI000007.jpg

カイトをやるのは本当に久しぶり。
初めてやったのは大学の時。
カイト自体はパラグライダー遠ないじようなものだし、コントロールも楽!
昔やったカイトは常にコントロールしてないといけなかったり、パワーゾーンが少なかったり
してたのに・・・・・。
道具の進化は素晴らしい!!

そこまで強い風が吹かなかったけれど。それでもしっかり滑ることができました。

IMG_20170219_233903_009.jpg

やべー!楽しい!!!
うほうほうほ!!!
やっぱり風を使って遊ぶのは最高に楽しい!!

OI000005.jpg


木村師匠!楽しいっす!!
次はカイトサーフィンをしないとだな。

楽しかったけれど、風が続かず、もっとやりたい!というところで終了。

OI000001.jpg

飛べない時にはこの遊びだな。



posted by Yoshiki at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

秘密の額屋

彼は自分のことを[フレーマー]だと名乗った。
その彼のいる場所は不思議な空間に入り込んだような感覚に陥るけれども素敵な空間。

20170218234440707.jpg

一足建物の中に入るとそこは彼の造り出した世界が広がる異空間のような場所だった。

20170218234546609.jpg

20170218234627920.jpg

20170218234638353.jpg

20170218234650176.jpg

フレーマーとは額縁を作る人間のことをいい、彼の店[タクラマカン]は額縁を作る専門のお店なのである。

20170218234730417.jpg

彼のつくる額縁はそれ自体が作品であり、彼いわく[我が道を行くアーティストたちを包むもの]なのだという。

20170218234927764.jpg

ということで私も額にいれてもらった。

20170218235023122.jpg

20170218235043906.jpg

20170218235052855.jpg

この素敵な店は飯島町のとなりにある中川村ということにある。
この村は多くのアーティスト達が住んでいる。

アーティストを包むという彼もやっぱりアーティストなのだろう。

彼を紹介してくれた上村君に感謝!
posted by Yoshiki at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

テレビ東京の取材

「やってみたい、そう思っていてもなかなか実際始めるのに至らない」
そんなランキングを作ったらかなり上位に食い込むであろうパラグライダー。

人がやらないとマイナー路線まっしぐらで我々が競技することもままならない。
そんな危機感を抱いています。

私がやっていくことの一つは「目立っていくこと。」
その中で取材を受けることができるというのはいい機会です。

今回、縁あって、テレビ東京の一つの番組で取り上げられることになり、
その取材を受けることになりました。

で、やっぱり飛んでいるところ撮らないとね。
ということになったのです。

ただ、最初に予定していた取材日程は、おりしも日本へ最強寒波襲来!!
というそれはそれは大荒れの天気。
なので昨日まで延期になっていたのです。

打って変わって昨日は晴れ渡る最高の天気。
今回は何度も飛んだり、降りたりできるところでやろうということで、
長野県の生坂村にあるエリアを使わせてもらって取材を受けました。

DSC07790.jpg

なんだろ、やっぱりカメラを向けられると、どうしたらいいんだろうな。
とか思うと「ニヤリ」としてしまうのです。
普段テレビに出ている人たちは、自分が一番よくみられる方法を研究しているんだろうな
とか考えてしまいます。

取材は、コメントしているところを移されたり、
離陸、フライトなんかも撮ってくれていました。

まぁ、実際にはあんまり使われないんでしょうけれど・・・・。

DSC07815.jpg

お昼までは風が入らず。ぽかぽかとしていてゆるーい感じで
フライトもいまいち。
午後には予報通りの北風が入って飛び放題のコンディションに!!

DSC07853.jpg

空撮やら自撮りやら、やりましたが、うまく撮れているといいな・・・。

今回、声をかけてくださったのはドロミテマンレースの時にスタッフをしていた方!
縁は大切ですね。
スタッフの人たちは気持ちのいい人たちで、楽しい取材を受けられました。

DSC07823.jpg

放映は4月後半。
日程と番組名は、詳細が決まったらまたお知らせします!!

DSC07883.jpg


今年はバレンタインは関係ないなぁと思っていたら、
エリアの宮川さんから素敵なバレンタインをいただきました。

信州の大雪渓酒造さんが作ったバレンタイン用大吟醸!!
バレンタイン向けに少し甘めの大吟醸。

大人のバレンタインですね。
というか、それしか貰ってないな、今年・・・・・。

続きを読む
posted by Yoshiki at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

誕生日

私が誕生日を迎えて一年たちました。
「誕生日」といっても本当の誕生日ではありません。
死ぬかもしれなかった事故から一年です。
パラグライダーのアクロパイロット達は、アクシデントがあった時、
その日を誕生日だというのです。

この一年は本当に多くのことを考えさせられ、本当に多くの人に出会い、別れ、
また、自分の未熟さや小ささを感じる一年となりました。

4月、私はケガの再手術を行います。
順調に回復しているものの、まだまだ完治はしていません。
「完全な完治」はないと思います。が、選手活動を行えるくらいに回復はしています。
(あんだけ走り回っといて何いっとんじゃ!!という突っ込みを受けそうですが・・・)

沢山の人からの応援や、お叱り、ともに笑ったり、怒ったりできることに本当に感謝です。

そしてまた一年、自分の人生が飛躍できるよう頑張っていきます。
人生は結構簡単に終わってしまう危うさを持っていることを一年忘れられませんでした。
そう思って生きていきます。

これからもお会いしている皆様にはなお一層よろしくお願いいたします。
そしてこれから出会う方々とのご縁にワクワクしていきたいです。

近い目標としてですが、3月は日本の大会が2つ。
6月にはセルビアのワールドカップ。そこからイタリアで行われる世界戦まで
ヨーロッパでトレーニングという予定です。




posted by Yoshiki at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

雪の一日

最初の予定では、本日はとあるTVの取材を受ける予定でした・・・・が、
予報通りの雪の一日

s_DSCN2547.JPG


それならば!!!
ということでカメラを持ち出し山へ。

今日は残念ながら遊び道具が載っていない・・・・。

s_DSCN2555.JPG

山には最初は轍があるものの、山の奥には人が入っている気配がない。
うーん。
これは楽しそう。

普段の道が、遊びのフィールドに変っています。

s_DSCN2552.JPG

こりゃーいい。
そして雪景色は最高にきれいです。

s_DSCN2551.JPG

ここでコーヒーを一杯。
いつもいいなと思っている景色が全く雰囲気が変わっています。


そんな川の様子を360カメラで撮影してみました

s_DSCN2554.JPG

これはこれで素敵な景色。

パラグライダーは飛べないけれど、そんなときには他にできる遊びをやらないと。
週末は秘密の閉鎖されたスキー場に行ってみることにしよう。

雪はワクワクします。



posted by Yoshiki at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

若い花農家の話

昨日知ったところによると、飯島町というところはコメの生産量に次いで多い農産は
なんと花農家なのだという。

昨日は、若い世代の花農家の人たちと席をともにした。
これが面白い!!

何が面白いかというと、「花」を扱う農家といっても
無数にある花の種類で、今回同席した3人とも全く違う花を栽培している。
しかも、他の種類の花は全く栽培や、生産方法、販売が全く違うので、
同じ花を生産しているといっても全く違う「畑」なのだという。

彼らは20〜30代。
見た目は本当に東京でぶらぶらしている若者と違いもない。
でも、話は深い。

一人はアルストロメリア(百合水仙)
         信州かたぎり花卉園

2010081604-thumb-426x426-3868.jpg

もう一人はクレマチスを栽培する

           渋谷花卉園芸

001.jpg

そしてもう一人はバラを栽培する

           萬華園


6426c8275a6b56032342b466775393451-300x225.jpgimages.jpg


この3農園の花は全国的にも高い評価を得ているらしい・・・・。けど、
本人たちに花が似合うかというと。
まぁそうでもない。

というかやはり、そこは職人。
話は、花によって栽培が全く違うからほかの花はわからないということや、
花の販売に関しての話。
シーズンになると家の周りを100m以上離れられないくらい忙しいということや、
新しい品種の作り方とか、認めてもらう方法とか、
結婚を考えるほどの彼女に「農家はいや」という理由で振られた話とか。
同じ花でも品種が多いものだと、自分たち以外の品種はよく知らないこととか。
やればやるだけ儲かるが、やらないとどんどんマイナスになるということ。

聞けば聞くほど面白い。
私をはじめとして多くの土地に縛られない人が多い中、農家は土地と家に定着して
生きている。そんな話がとても新鮮でした。

私は私で今この土地でやろうとしていること。
それを地元の人に一緒にやってもらいたいということ。
例えばアウトドアと花農家がコラボレーションできないかということ。

そんな話で盛り上がったのでした。

こういう出会いにも感謝。




posted by Yoshiki at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ERUK ロゴ.png