ERUKロゴ.png
ay_bnr234.jpg

2017年07月30日

日本の夏。獅子吼の夏

昨日、本日と2日間に渡り、石川県白山市にある獅子吼高原で国内戦の大会が行われ、参加してきました。

長野の伊那谷からは松本を越え、安房峠を抜け約4時間程の道のり。
以外と遠い道のりです。

獅子吼高原は金沢市からも近い場所。毎年夏には一度大会が行われています。

20170730193813200.jpg

昨年は参加できていなかったので二年ぶりの獅子吼。
金曜日からはいり、まずは久しぶりのここの空を飛びます

20170730190824954.jpg

曇り空のなか、小一時間のまったりフライト。降りてからは、海へ行ってSUPで全身運動。

20170730193112616.jpg

土曜日は朝からどんよりな天気。
風も悪く早々にこの日の大会キャンセルが決定。

午前中は私以外の人の緊急パラシュートのメンテナンスをして、午後はそこから小一時間のとこにあるスキージャム勝山へ。

このエリアに来るのは本当に10年ぶりくらいです。
校長の堀さんに久しぶりのご挨拶。そして元気な学生たちにパワーをもらいました。

20170730193458870.jpg

この日はここで軽くフライト。
夜は獅子吼高原の山頂レストランでの大会パーティー。

20170730193757083.jpg

そして日曜日。
朝は晴天ですが、少しずつ雲が張り出します。タスクはなんとか成立してほしい27kmが組まれ、一番コンディションがいいだろうと予想される13時半のスタート。

20170730193746724.jpg

ブリーフィングから飛ぶまで随分待ち時間があるので、山頂のレストランで腹ごしらえ

20170730194937837.jpg
飛ぶ前にはチキンライス🐔
しかし食べた後でもスタートまで一時間半以上。

コンディションはなんだか悪くない感じ。
選手はまだまだ離陸しない様子ですが、私は空を満喫することに。

雲の低い日でしたが、スタート前は、雲の側面を使ったりして1人900mの高度で空を独り占め。

そうして楽しんでいるうちにスタート時間は迫ってきて、選手達が離陸してきます。

するとどうでしょう、今までの上昇は弱くなってくるは、雲は下がってくるは、混雑するは。

ようやくスタートしたときにはようやく700mの高度を維持するのが精一杯。
進めど進めどコンディションは弱く、途中少し高さが抜けた上山選手と不破選手が先に行き、私と岩崎、望月選手をはじめとした選手が後をおう形。しかしコンディションは弱く、低い選手たちは次々にランディング。

私も先へ進んだものの弱いサーマルに引っ掻けたものの上昇は弱く、山から離れたとこへきた小鳥達が上昇気流に乗る動きをしたのでそっちに行ってみれば残念無念の地上人。

結果、そのサーマルで粘った岩崎選手が距離を伸ばして優勝。私は5位。

しかし、ほとんどの選手が最低限の距離を飛べなかったため、大会は不成立となりました。

残念。

良く飛んだのに、なんだかがっつりしたサーマルにのれずなんだかスッキリとしなかったですが、まぁこれがパラグライダーです。
posted by Yoshiki at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 競技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

正解のない迷路

ヴェネツィアの玄関口である、サンマルコ広場。

20170716_131250.jpg

最初に調べたのはここだったけれど、ここしか調べてなかった。
岡リーダーとともに中世の圧倒される建物を阿保みたいに見上げながら、広場をうろつき、
暑い、とか、人が多い、とか言いながらもその人込みを作る原因の一端を担いながらぶらぶらとしていきます。

「じゃ、適当に歩いてみますか。」
という計画性が皆無の提案に岡リーダーは「そうだな」と全く問題なく回答をしてくれ、
同じ「ヨシキ」という名のおっさん二人の徘徊ヴェネツィア探索が始まったのであります。

ヴェネツィアは皆さん知っての通り、水路が縦横無尽に町の中をめぐり、
ゴンドラに乗って観光。なんていうのが有名。

20170716_150954.jpg

いや、おっさん2人でこの豪華なゴンドラはないわぁ。
とそれは見るだけにして、水路以上に迷路のように入り組む道を目的もなく、ひたすら歩くことに。

ヴェネツィアには車が入るような道は全くなく、橋と階段の多い歩行者のみの道幅の小道も多いので
自転車もない。そしてやたら入り組んでいるので、迷路のようになっている。

自分たちが目的地を決めたらそこがゴール。という感じの迷路。
適当に歩いていると、行き止まりや、水場についてしまったり、小道の何もなさそうなところに
店があったり突然広場に出たりと、これは面白い。

20170716_153110.jpg

芸術家も多いらしく、突然、面白いオブジェがあったりもする。
ただ、歩く距離もすごい。

いい加減ホテルに行こうという話になり、さて、どちらに行こうかという段階で、
岡リーダーは「太陽がこっちだから西はあっちだ、そっちに向かおう」という。
さすが、パラグライダー界の重鎮、正しいのかどうかサッパリわからん。

しかし、二人とも勘だけは鋭く、ほとんど迷わずにホテルへ。
ホテルは町の通りの一角。全く目印もないようなところの何の変哲もないホテル。

荷物を置いたらさらに探索へ。

20170717_064931.jpg

有名な「サンマルコ寺院」や、「ドゥカーレ宮殿」「リアルト橋」なんかを見学して

20170716_171337.jpg

夜は何故かブラジル料理を食べて疲れ切ってホテルに戻ってご就寝。
おっさん二人の健全な観光旅行となったのでした。



posted by Yoshiki at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

帰国しました!!(ヨーロッパ番外編:ヴェネツィアまでの道)

ブログでの報告が遅くなりましたが、無事に帰国いたしました。
「はずかしながらかえってきました!!」
という昭和の流行語を帰国の言葉に成田に降り立ったのです。

結果でいうと、今回の遠征は 

「惨敗」
という言葉で自分の結果を受け入れるしかありません。
数年前、人からの期待をプレッシャーにするなとある人に言われましたが、
期待を気負いに変化させてしまい、結果を出せずに終わったということです。

自分の体調やら(歯が一本割れるトラブルはあったにせよ)グライダーやら(今回はグライダーは絶好調だった)
の問題はなかっただけに、自分のマインドコントロールがうまくいかなく、それがどんどん泥沼にはまった
と思っています。

「どんなコンディションにも負けない強さ」がこれからの研究テーマです。
林 映寿さん(スラックラインで有名な和尚)の「楽しいだけで世界一!」のようには今回はうまくいかなかった。
「楽しむこと」を感じるのでなく、考えてしまったのは失敗です。

得るものも多かった今回の旅。
グライダー技術に関して言えば、怪我をしてから離れていた一線の切磋琢磨を思い出していった感じです。
「上手くなる」というのにゴールは見えません。また、それが面白いわけですが。

さて、大会終了後、普段はあまりいけない「観光」といくつかの出会いがあったので、
いくつかに分けてブログに綴って行こうと思います。

せっかく行っているので、何かの参考になれば。
まず、番外編第一弾は「ヴェネツィア」です。
まぁ、有名な観光地。
ネットで調べれば私なんかより深く楽しい記事が多いですが、まぁ、それはそれ。
私の目線でみた駆け足観光のベネツィアを紹介していきます。

世界選手権が終わった翌日、日本チームの平木さんや、上山さんが早くの飛行機ということで
リーダーと私も含めた4名は朝市にフェルトレをあとにしてマルコ・ポーロ空港へ向かった。
フェルトレから空港までは1時間半ほどの距離。

今回借りていたSUVに人間4名にパラグライダー3機、そして荷物たくさん。
車にはもう人間も荷物のように詰め込まないと入れない状態。

空港で、私とリーダーは、荷物をあずけ所へ。
あんなでかいパラグライダーを背負って観光なんか行けません。

ちなみに荷物は預けるのは1日1個7ユーロ。
2人とはここで別れ、ヴェネツィアへ向かうことに。

空港からヴェネツィアまでは船のバス、または船のタクシーが一般的。
20170716_110847.jpg

片道€15、往復だと€27です。

20170716_110905.jpg

そして船のバスはこれ

20170716_112456.jpg

時間がない場合、人数が多い場合はタクシー船の方が絶対に早い!
バスはヴェネツィアの玄関口であるサン・マルコポートまではこのバスで行くとやたら時間がかかる。
いくつかの停留所をとまりながら行くので1時間半以上かかる。
タクシーだと30分くらい。

20170716_130145.jpg

20170716_130547.jpg

おぉ、観光客で溢れてる。
そして丸一日の駆け足のリーダーとの観光が始まったのでありました




posted by Yoshiki at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

最終日 そして表彰セレモニー

長くて短い世界選手権も最終日を迎えました。
もう私は思いっきり飛んでやろう。
それだけです。

この日、T.O.にはフォロー(追い風)が入っていて全く離陸できる様子ではなく、
どうやら寒冷前線通過に伴い、風の様子がガラッと変わったようです。

20170715_113731.jpg

本流は北風とフォローの風が吹いているようですが、フェルトレの谷には、風の吹きこみが弱く、
対流が始まれば問題なく風が入ってくるということ。

最終日は50qに満たないショートタスク。

タスクが決まるころには風は確かにアゲンスト(向かい風)に変っています。
私だけでなく、今回日本チームは成績不振。

最終日はもう思いっきり飛んでやろうと気合を入れるだけです。

20170715_124631.jpg

さて、離陸してしばらくはなかなか上昇できずに苦労したものの、上昇を始めると、今度はびっくりするぐらい
いい上昇。
ここにきて初めての気持ちのいい上昇。

高度は2700mを超えて雲の上に行きます。
まだまだ上昇しているのですが、ここのエリア2850mの高度制限があるので、その下で上昇をやめ、
しばらく、雲の上のフライトを楽しみます。

20170715_134902.jpg

フェルトレの空が最後の最後になって我々にプレゼントをくれたのだろうかというくらいの景色。
雲の間で飛んでいると、場所がわからなく、高さもわからなくなってきそうになります。

その間から抜けて出てみると、今まで飛んでいた床が高い位置から見下ろせます。
こんなコンディションが続いて入れば結果は違ったのにとか余計なことを考えてしまいます。
ま、どんなコンディションでも勝てなければならないのですが。

さて、スタートと同時に私は抜け出しました。
とにかく先に行ってこの日は攻めてやる!!
という勢い。

いったれーー!!と2000mの高度を惜しみなく使って突っ走っていきます。
スタート前はあんなに強い上昇があったのに、スタートしてその空域を離れると、全くものって上昇がない。
びっくりします。今更ですが。
結局、この日突っ走ったのも最初だけになってしまいました。
我々の動きを見て、後続組は賢く山へのルートへ移動して高度を高く保ちつつレースを推移していきます。
私は低い高度になってしまい、遅れ遅れてようやく進んでいきます。

スタート前が嘘のように高度は上がらなくなり、トップグループもおそおそとゴール。
私は・・・・・ゴール手前で撃沈。

なんだか最後まで締まらない大会でした。

大会のコンディションはともかく、
この町の全体で大会を盛り上げるムードはすごいものでした。
この日は夕方からパレード。そして表彰式へと移っていきました。

20170715_203719.jpg

大会が終わり、嬉しい、悔しい、楽しめたと、選手にもいろいろな感情があるわけですが、
最後はみんなで盛り上がって次につなげよう!

20170715_205324.jpg

ライバルであり、空の仲間たちとは、いろいろ話、じゃ、次回はこの大会であえるな。とか、
日本に遊びに行くとか再会の約束をしていきます。

20170715_210431.jpg

パレードには町の人たちがまた沢山歓声をくれている中歩いていきます。
ここの大会のオーガナイザー力は高い!

そして表彰式。

20170715_214413.jpg

女性の優勝者はもう不動の女王となった聖子選手。
そして総合優勝はフランスのピエレミ!

20170715_223658.jpg

写真が暗い・・・・

そして国別もフランスが優勝しすべてフランスに持っていかれた大会となりました。
私はというと・・・・・・・
いうも恥ずかしい成績。

反省は多く、実りもあった大会。
悔しい思いいっぱいですが、次回につなげ前を向いて進もうと思います。

応援ありがとうございました。

明日は水の都「ヴェネチア」を観光しつつ、その後フランスのマルセイユでとあるものを見に行き、
それから帰国の路につきます。

posted by Yoshiki at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 競技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

持っている人は持っている

フェルトレの朝。
初めて朝から結構な雨が降っていました。
シトシトとザーザーの間くらい。
朝8時からのリーダーミーティングも1時間遅くなったとの連絡が入るくらい。
さて、飛べるのか?

でも飛べてしまうのがこのヨーロッパの気候。
結局フェルトレは天候回復が難しいけれど、南のバッサノに行けば飛べる
ということで移動。

20170714_112837.jpg

到着した時にはT.O.は雲の中だったのに。

20170714_125459.jpg

1時間もすると飛べるコンディション。
飛べるということがうれしい。

それでもさすがにレースの時間はいつもよりも遅め。
14時のスタート。
タスクは単純なものになり、57q。西から東への移動一直線。

これだけ湿っていると、上昇自体が弱いので、慎重になります。
問題は、レースが始まると、先へ先へ行こう行こうとする自分をしっかり抑えること。

少しでも多く飛びたいので、離陸はいつも初めのほう。
空を飛んでいるときがなんだかんだ言って幸せです。

20170714_133119.jpg

でも雨の影響は強く、高度も1100mほどで雲に届いてしまい、高度を上げることがそれほどできません。
2週間毎日飛んでいても、スタート前の混雑には慣れません。
基本的にはほかのパイロットをあまり信用しないというくらいに思って飛んでいないとです。

スタートは問題なく。ただ、前に出すぎないように意識しながらのフライト。
勝負は後半。
このエリアで自分が遅れてしまう谷も問題なく高い高度で推移していきます。

20170714_150725.jpg

この日は大きな集団を先行するグループに入り、私も時折先に出たりしながらそれでも高度を高くいきます。
そうそう、こんな感じ。自分の好きな大会でのポジション。
今回の大会ではこんな風に飛べてなかったと思いながらのフライト。

山はすぐに上昇が無くなってきたので、これはもう早めに沖に出ようと高めの位置で沖に出ます
同じタイミングで全員が沖へ。

そこでもサーマルをゲットして上昇率の弱いサーマルをできるだけ上昇して進みます。
リズムはいい。

集団の前には低く先に走る数機。
これを観察しながら大きな集団の先方で高く進む。
真っすぐ行くところ、右手さらに沖へ一機のグライダー。
そこは日が当たり上昇しそうな雰囲気。
ここで集団の先頭グループから少し離れそちらへ寄せていくのはフランスのオノランと私。
その行き先を少し後ろでもう一つのグループが見守りながら弱い上昇で待っています。

左手をいく集団の先には弱いサーマル。
ここでは雲が張ってきているので弱くてもそれにしがみつかないとです。
私からは少し離れた位置。
右手のグライダーは上昇しそうな挙動は見せるものの、上がらない。
しばらくそちらに行ってしまうも、これ以上は高度を落とせない
そう思って集団のサーマルへ。

20170714_150942.jpg

ようやく届いたサーマルも、一番下に入ることになり、弱い上昇がさらに弱く上がるか上がらないかというもの、
更に南まで行っていたオノランは私よりも低く子のサーマルに入ります。

私の上にいるグライダーはなくなりかける上昇に見切りをつけて先に進み始めます。
高度は稼げていないけれど、もう上昇も終わりかけ。
私ももう先に進むしかありません。

この先は雲の影。
嫌な展開。

20170714_142918.jpg

このエリアのまた急に上昇が無くなる時間帯。
その手前で高度をなくす。

先に進みますが、一機また一機と地上に降りていきます。
私は全体よりも低いので、何とか上昇がある空域を探してもがきます。
その後ろも私よりも少し低い位置でいるオノランを入れた数機。

20170714_152259.jpg

後ろで待機していた次の集団は高く(とはいっても対地高度はそれほどない)先に進みますが。
これも厳しい高度。
結局町の上を通り過ぎてもサーマルはなく。私はそのまま地上人へ。
他の選手も次々に降りていきます。

またこの展開か・・・。

がっかりしていると、高めに行った集団の先方15機程は何とか弱い上昇にたどり着き、旋回を始める。
それも弱い上昇だけれど、上がってはいる。
見上げていると、その中には聖子選手も。

日射がようやく当たってきて地面を温めます。

後ろを見ると、もう着陸態勢に入っていた後ろに来ていたオノランとその数機にも上昇が。
我々が通った時にはなかった上昇を何とかつかみます。

時間をかけて少しずつの上昇。
飛んでいる人たちから見れば、時間をかけてでも高度をかけようというところ。
なぜなら9割の選手がもう飛んでいない。

本当にゆっくりゆっくり地面から離れていきます。
そして十分な高度に達して先に進んでいきました。

結局この20機だけがゴール。
この日の成績で、オノランと聖子選手は総合と女子のトップに躍り出ました。
彼らは残り1日を残して2連覇に手をかけたのです。
何かを持っている。

あと1日。
せっかくなので飛ぶだけ飛んで終わりまでしっかり飛んで帰ります。

20170714_182436.jpg

虹も見えたし、きっといいことがあるはず。

posted by Yoshiki at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 競技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

2分する展開

フェルトレの会場で見つけた一枚の絵

20170713_155406.jpg

ここには子供たちが描いた絵が飾られています。
パラグライダーというスポーツが描かれている子供の絵を見るのは初めてかもしれません。
この大会を通じて、多くの子供がいろいろな外国人と触れ合うような場面も多くありました。
これをきっかけにここから将来世界で活躍する選手が出てきたり、世界を股にかける人が出てくるかもしれません。

こういうのをやはり、日本でも開催したいと思います。
勿論、その時には、私が勝たないと!!

さて、現実に返ると、上位入賞どころか、順位はもう考えても仕方ないくらいですが、
残りの3日でつかめるものはつかんで帰ります。

20170713_092024.jpg

朝はなんとも色の生えたきれいな空と雲海。
飛ぶ、という視点から見ると、この状況はいまいちなんですが、
それでもこんな空の中飛んでいたいと思ってしまいます。

時間を追うにつれ、空の様子は変化していきます。
谷の逆転層が上がってきて、サーマルが発生しだすと、いつものように低い雲がわいてきます。
木曜日はコンディションが最高だといっていましたが、思うほどよくはなっていない様子。

20170713_105501.jpg

組まれたタスクはこれまでに組まれた中で一番小さなタスクの56.7km
短い距離で、夕方前に来るであろう雨予報の前にレースを終わらせようという感じです。

しかし、この日のタスクはいつも以上に山を通るかそれとも対岸の山まで渡るかの選択が
迫られるもの。
いつものように山を行くよりも、対岸に渡るほうが、40%近く距離が短いタスク。


56qというのは最短距離を言うので、山側を飛んでいくと実質80q以上の距離を飛ばないといけません。
しかし、今まで対岸が良かったためしはない。

最初の往復は山回り、2回目は対岸又は沖でのフライトかな。
そんなイメージで空に出ます。

20170713_132934.jpg

空に出るころにはまた近いところに湧き出す雲。
高さはせいぜい1500mほどまでしか取れません。

スタート時間ぎりぎりまで雲の高さで空中接触をしないように神経を張り詰めてのスタート。
気が付けば雲はかなり山から離れています。

私もこの時点で一気に対岸に渡ってしまったほうがいいのか山に戻り進めたほうがいいのか悩みましたが、
山へと進みます。

みな同じように考えていた様子。
なんと大きく2つに分かれていきます。
そして大部分はなんと対岸へ。

まだこの時点ではどちらが正解とも言えなかったのですが、山側は急激に雲が発達し、
オーバーキャスト(発達しすぎて上昇が無くなってしまう状態)に。
対して対岸に渡った組は今までなかった沖での発達する雲の列にのり、高度を上げていきます。

完全に沖でした。
向こうは距離も短いのでここからの巻き返しは難しいけれど、このエリアのこと、
どこで急激にコンディションが悪くなるかわかりません。

山のコースを取っていたグループも、山にいるより沖に出たほうが発達する上昇を狙って
徐々に沖へ沖へと移動。

20170713_132940(0).jpg

一週目は高度を高くした沖組の大集団が苦も無く高い高度を行きます。
我々は息も絶え絶えといった感じでようやくサーマルで雲まで上がり、
遠くなった集団を負います。

そこから最初の周回は雲の列を追っていくだけで高度が上がる状態。
これでは差を縮めることもできませんが、その列から離れると高度が一気になくなっていきます。

さて、2回目の東のターンポイントへ!
と振り返ると・・・・・。

なんだか先に進んでいる集団はもう高度が低い。
これは、急激に弱まるパターン。

スピードを緩めて高度を維持。
先に行く集団が上がるのを待つか、全くコースを変えてまた山側を通るか、はたまた対岸の山に先につけるか
を悩みます。

まだ上昇の少し残る雲の下を飛んでいながら考えますが、それを外れてどちらかの山に向かうと高度が取れなくなる
感じがします。

先のほうで集団が弱い上昇にしがみつくのが見えます。
しかし、それと同じように次々に着陸していくグライダー。

決断が付かないうちには見えるものへ。
その弱い上昇に突っ込んでいきます。

しかし、それも高度を維持するかしないかの上昇。
結局、そのあと雨も降り始めタスクストップ。

飛びはいいとも悪いとも言えない内容。
あと2日間。
空を楽しんできます。

posted by Yoshiki at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 競技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

歯車が合わない

レースがあと4日。
前半を落としている私は、前日も先行を狙って降りてしまっている。
いよいよタスクごとに先行していかないと飛ぶ意味がありません。

正直、応援してくださる方たちには本当に申し訳ない気持ちでいっぱいの状況。
セルビアから全く自分の飛びが空回りしています。
良くなっていると思っていたのですが、どうもあと少しのところで空回りを続けています。

この日のタスク、朝は山の天候は良くないように見えたのですが、フェルトレでの開催。
雲は最初いつものように低く、T.O.に雲がかかっているくらいに低いものでしたが、
離陸時間の11:50には雲の高さはT.O.よりも300mほど高くなっていました。

20170712_100424.jpg

74q程のレースで、タスクは山を飛んでも沖を飛んでもオプションが取れるタスク内容。
しかし、今までのコンディションを考えると山側でのレース展開になるだろうと予測がつく。

20170712_120953.jpg

スタートから前半戦は調子のいいものだった。
トップ10番手位を快調にスピードを出していく。
コンディションも悪くない。

どこでコンディションが渋くなるかを警戒しながら進むレース。
それでも私は慎重になっていたつもりだった。

予想通り、レースの中盤以降、山側は立ったつ下雲の影響で影になり、
サーマルが渋くなる。

そこで高度を高いまま展開できていたのに、一つの山で先行く10名があげていくサーマルを
取りこぼし、陰になっていないその先へ先に飛び出す。
そこで上げている間に後続組がさらに高く追いついてくる。

ここではまだ十分に逆転ができる場面。
上げ切って沖のパイロンへ。

トップとは1qの差。
折り返して上げなおしていくトップの集団のサーマルをかすり、サーマルが働いているうちにすぐそこにあるパイロンを
取りに行く。
たった数分。

折り返していくと、もう下のほうはサーマルは切れている。
同高度のグライダーは上げ渋り、高いグライダーは高くなっていく。
周期的なサーマルの発生と、風に流されるサーマル。

20170712_130041.jpg

先は日射もあり、サーマルの発生源もいくつか確認できる。
これからの展開でほかのグライダーと同じように展開してもトップをキャッチしていくのは
難しいし、リーディングが取れない。

では思い切って沖を進む
そう考え、高度が低い中先に進もうとするが、
思うような場所にサーマルがない。

ほとんどの選手が無難にこなすところを勝負にでて全くサーマルに当たらない。
そのままランディング。

この日はほとんどのパイロットが無難にレースをこなす中自分は途中で降りてしまうという
レースにならない状況。

自分の判断で行って失敗している。
誰のせいでもなく自分のせい。
少しずつかみ合わないレース。
自分は何と戦っているのだろうか。
自分に対して腹を立てることしかできない状況。

このまま日本には帰れない。

posted by Yoshiki at 13:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 競技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

追い上げと勝負

今回の世界選手権、ちゃんと一日コンディションが続いたのは最初の初日のタスクだけ、
あとは、急速に発達しすぎて雨と雷になるか、コンディションが安定しすぎて上昇が弱くなりすぎるか
どちらか。

この日もイタリア北部ではサンダーストームの予報。
南に行けばまだましだということでバッサノへの移動。

それでも夕方にはサンダーストームの予報が出ているので、57qのショートタスクが組まれました。
空に飛び立つとすでに雲は発達。
離陸して400mも高くなるともう雲に入りそう。
そいうか入ってしまったり慌てて雲から出たり。

20170711_113357.jpg

後半戦。普通に飛んでも総合成績は上がらないので、
狙うのは毎日の上位入賞のみ。

スタートは、雲との合間を狙って出ていきますが、
私よりもやたら高いとこから現れる機体が沢山。
お前ら、それ雲から出てきていないか?とか思うも、自分はそこにいなかったので仕方ない。
パラグライダーは、「高さ」という位置エネルギーがレースを有利にするスポーツでもあるので、
スタート時の高さは絶対的な有利につながります。

20170711_113354.jpg

今までは1500m〜2000mの間を飛んでいたのにこの日は1200mがせいぜいの高さ。
高度が低いと、それだけ上昇を探していくタイミングが増えます。
そして上昇が弱い。

最初のターンポイントは高かった10機程が早く折り返してきてそのターンポイント手前で弱い上昇に
乗る我々の上昇に乗り、先に進みます、それに続く我々もターンポイントを取って折り返し、
そこで強めのサーマルをゲット。
ここで雲までたどり着き、先行くグライダーを射程にとらえます。

しかし、その先の沖のターンポイントでまたサーマルを探すのに時間がかかり、スピードを緩めることに。
この時点であと500mだったターンポイントを取るのを先延ばしにしていた私は上昇して
その先に進み、ほかの選手が方向転換してから遠回りしてターンポイントを取ることに。

これはコース取りがうまくいき、大したロスもなく追いつく。
しかし、この時点で、ゴール方面へと10機程の先行組とは差が大きくなり、それを追いかけることに。
スピードを上げ、先に行く。

ターンポイントから2q手前。ゴールまであと6qといったところで強いサーマルにヒット。
先を急ぐグライダーを見送りながら、ここはしっかり稼いでここでゴールまでの高度を稼ごうと
かんがえる。

上昇から出てグライド。
低く出ていったグライダーはそのまま降りてしまったり、苦しい展開。
たんポイントを取りあとはゴールへ。

私も高度が苦しい。
熱源の町へのコースをとろうとしたときに、先行していたグループの数機が山側で上げているのを見かける。
ここで彼らをキャッチできれば10位ほどに入れる。

そう考え進路を山側へ。

対地高度200mほどで何とかサーマルのしっぽをつかむ。
しかし、高度が低すぎた。

上の数機はそのまま高度を稼ぎゴールへ。
そのままシングルゴール。

私はその弱いサーマルと格闘して20分。
上から後半組が高くゴールを切っていくのを見ながら粘るも、最後力尽き着陸。

日本人は廣川選手が29位でゴール。平木選手もそのあとにゴールをしていますが、
上山選手はゴール手前でクラバット(グライダーの翼が崩れて翼の一部が自分のグライダーに巻き込まれてしまうこと)
になり、そのままランディング。

残りは攻めの一手。
諦めず飛びます。
posted by Yoshiki at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 競技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

パラグライダーの奥深さと、読みの難しさ

夜になっても会話は「どうしてあの尾根を高度ロスなしに行けるといけないのが出てくるのか」
「その10m差はどのような差があるのか。」「尾根に風がどのように流れていて、どのように流れているのか」
「尾根の高さと風の強さでどれだけ高ければ越えられるかの換算式はないのか」
「グライダーの装備重量を3s重くしたが、なんだか調子が悪い」「ラインの調整は果たして有効だったか」
などなど。
そのうえで今日のレースの選手全員の動きを世界選手権のH.P.で見直し、スタートのポイント、
この日のトップ集団の動き、尾根をどの高さでどのコースで越えていたか、その後の動き方は?
自分たちとどうして大きな差ができたか。そういう分析を遅くまでやっていました。

この日のレースは、雨雲の急激な発達で、レースが成立する前に中止となり、(レーススタート時間から1時間が
経過しないと、その日のレースはキャンセル扱いとなる。)しかし、1時間ほどはレースとして飛んでいたのですが、
その時点で私も日本チームもトップから出遅れることになり、私としては正直助かったというのが本音。

そしてその要因が、スタート後の尾根の越え方に原因が大きくあるのではないかという話になっていった。

20170710_113520.jpg

この日のレースはバッサノに移動してのレースタスク1の雪辱を果たす時が来た。
そう私は意気込んでいた。

レース前は順調にサーマルをつかんでいたが。
20170710_123143.jpg

すでにこの時には雲がどんどん発達していた。

レーススタート時には3つのグループに分かれていて、山側、沖側、中間の方向から
一斉にレースをスタートしていたが、谷を渡った最初の尾根の越え方で既にレースは
決まりかけていた。

尾根の上を高めに早くクリアした選手たちはその後進めば進むほど高度も上がり、
スピードも上げていく。
その点、私やほかの機は、スピードをかけて、それほど悪い高度でなかったのにかかわらず、
その尾根を越えるのに信じられないほど高度を失い、山の一定の高さ以下では減立が悪く、
上昇に苦しみ大きな差ができてしまった。

20170710_122024.jpg

その後30分ほどでレースはキャンセルになったわけだが、私のショックは大きく、
この日の夜の話になっていったのである。

レースには本当に些細なことも気になる。例えば1sの重量の増減、グライダーラインの5oの
調整。ハーネスのベルトの1pの違い、アクセルバーの5oの左右差など。

自分の腕、基本的な風の流れ方の考え、上昇気流の場所場所でのでき方や流れ方。
毎日分析しているのに、正解がわからない。

ただ、明日は同じミスは繰り返さないようにしていくだけ。
本当に上手くなりたい。そう思う毎日です。

続きを読む
posted by Yoshiki at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 競技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

世界戦の休日の過ごし方「ジロ・デ・イタリアを体感する」

大会が5日間終わり、連続で5日間のフライトができた場合、1日の休養日を取ることが
ルールで決まっています。
前半戦を振り返るべくもなく、はっきり言って順位が悪い。

こんなに悪い順位の世界戦は初めてです。
調子は上がっていると自分では思っていますが、それにしても流れを変える必要があるので、
この休養日はいいきっかけになりそうです。

さて、「休養を取る」というのは「ただぐーたらして一日をだらだら過ごす」のではなく、
自分がやりたいことをやってリフレッシュすることだ。と言っていた人がいます。
ぐーたらがリフレッシュになるならそれでもいいんでしょうが、私は体を動かすことで
リフレッシュされます。

この日はパラグライダーから離れて体を動かそうと決めていたところ、
スロベニアの若きエースのティラン選手から、ロードバイクに乗らないかという誘いを受け、
一緒に走りに行くことに。

彼とは以前もスロベニアに行ったときに自転車で山を登らされ走った経験があり、
自転車好きの仲間でもあります。スロベニアはイタリアからそう遠くないので、
彼らは車に自転車を積んできています。スロベニアチームのユーリもロードバイクをもってきていましたが、
彼は、「ぐーたら一日を過ごす」といって私に貸してくれたのです。

さて、彼は「ジロ・デ・イタリアで使うコースを行こう」と言い出しました。
そのレースは有名なロードレースで、私も知っていました。
フェルトレからモンテグラっパという山の山頂までがそのレースの一区間なのだということ。
世界でも有名なコースを体感できるとは!と少しなめていたのです。

20170709_114745.jpg

フェルトレを出てからしばらくは平たんな道を爽快に走ります。
体がリフレッシュされていく気分。

いいねぇいいねぇ。

そして山を登り始めます。
コースの全体像をわかっていなかった私。
よっしゃ、登り頑張るぜ!!といきがっていきました。

そして、登る登る登る登る登る
あぁ、そろそろT.O.でもできそうな高さじゃない?
1時間ほど登り続けた後に聞きました。
あとどれだけ坂を登ればいいの??

「あと20qくらいかな。全部で30qの登りだから」
お互い汗だくでそんな返答が返ってくる

30qの登り!?
さすがジロ・デ・イタリア。半端ない・・・・・。

20170709_141418.jpg

道にはロードレースの大会でよく見る応援がたくさん書いてあり、
ここで国際的なレースが行われているんだと感じさせてくれます


20170709_130450.jpg

勾配は優しくなく、途中は20%の勾配のゾーンも・・・・。
途中、何度めげそうになったことか。

20170709_135345.jpg

目指す山頂は↑の山。
そして漕ぎ続けること3時間。
ようやく山頂へ。

20170709_150508.jpg


もう、感無量。
やりきった感です。

山頂はフェルトレから山を越えたタスク1のバッサノが一望できる場所。
観光地になっているようで、たくさんの観光客、自転車、バイクであふれていました。

20170709_150503.jpg

20170709_150521.jpg

高低差2000m、距離35q。プロの選手たちはいったいここをどれくらいの速度で走るんだろう・・・・。
ちなみに、ここの山頂で食べたパスタは・・・・・
うどんみたいに太い麺で、味は美味しくない。

帰りは下りですが、もう疲れているんで、下りもそんなに楽に感じません。
まぁ、それでも風が気持ちいいです。

スロベニアチームの宿に戻ると、夕食を食っていけ!ということで大量のトマトパスタをいただきました。

20170709_180744.jpg

だいぶリフレッシュ。
さて、後半戦です。

posted by Yoshiki at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ERUK ロゴ.png