ERUKロゴ.png
ay_bnr234.jpg

2017年08月12日

オリンピック種目になるために・・・

「観光?それとも仕事?」
そうあまりにも適当な質問に「観光」と答えると、
「あ、そう」とういう表情でスタンプをおす入管。
驚くほど簡単な入国。

ここはインドネシアです。

P_20170810_160407_vHDR_Auto.jpg

今回、来年行われるアジアゲームへ我々の競技が採択されるかのテスト競技が
インドネシアのプンチャックで行われることになりました。

アジアゲームでは以前にもアキュラシー(着陸制度を競う競技)は行われていましたが、
我々のXC(スピードを競う競技)が行われたことはありません。

このイベントは将来のオリンピック種目へのノミネートも狙っての大会ということ。
不安要素は多々ありますが、オリンピックになればいいなぁ。

P_20170810_160405_vHDR_Auto.jpg

さて、プンチャックはジャカルタから車で2時間ほどのところ・・・・・と聞いていました。
が、我々は4時間以上かかりました。
それはもう信じられないくらいの渋滞にはまり続けたから。
高速は車であふれ、その隣を走る側道も車とバイクであふれ、この町には一体どれだけの車が
あるのかというくらいの車車車。
そして2車線の道が3〜4車線になっていて、まぁ、ルールは「行けるものが勝ち」というような状態。

運転しているわけでもないのに、やたら疲れます。
ようやくホテルについた私たちは、そのままベットへ直行。

そして次の朝を迎えました。

今回日本からの参加者は選手4名と今回の大会へのご意見番といったところの岡さんを加えた5名。
今回の大会はテストイベントですが、大会誘致とオリンピック委員会がみていることもあってか、
素晴らしい待遇です。

ホテルと食事はすべて主催者側が持っています。

DSC08576.jpg

ホテルもなんだか素敵なところ。
ここのコテージに日本チームはまとめられています。

さて、この日は早速飛んでみようということで大会側の用意したバスに乗って
約15分も走るとテイクオフ。

その場所はそれほど広いわけではないですし、ランディングまで標高差は300mくらいといったところ。
・・・うーーーん、練習生の為のエリアのようだ。

大会をやるには狭いですし、何より、当然ですが海が近いこの湿気ている空気のこのエリアに
大会ができるほどのポテンシャルが出るのか不安・・・・。

G0010979_1502446910064_high.jpg

とりあえず楽しみますけど。
『いつでも雨降らせます!!』というような雰囲気の雲がわいている中。
とにかく一本飛んでおこう。と空へ。

しぶしぶの中。低い高度で30分ほど飛んではい、終了。
うーん、日本よりもコンディションが弱い・・・・・。

夕方からは受付の後のセーフティーブリーフィング。

DSC08584.jpg

今回はアジアゲームということもあって、参加者は日本、韓国、中国、マレーシア、インドネシア、台湾といった
国々から100名の参加。

いつも私が出ている雰囲気となんだか様子が違います。

さてはてどうなることやら


posted by Yoshiki at 08:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ERUK ロゴ.png