ERUKロゴ.png
ay_bnr234.jpg

2017年01月16日

雨の初日は・・・

バラダレスの一日目は、雨で始まり、少しずつ天候は回復していくものの、雨が止む程度の回復。
初日なので、体も慣れてないということで、ちょうどいい体休め。

「冒険」といっても、大会参加の場合、いや、それよりもパラグライダーエリアがあるとこに行けば、
誰かしら知り合いに会うことのできる。特に知り合いがいなくても、一人であちこちと動き回るのが好きなので、
新しいものをみれたりするので、それはそれで楽しんでいるのですが。

体も動かせていなかったのと、時差ボケ高なんだかもう訳が分からなくなっている脳と体を動かすために、
朝からランニングをすることに。

20170115_125420.jpg

生ぬるい気温と、湿度が高いので、なんだか走っていて気持ちがいい!という感じではありません。
しかも、ここの町はだだっ広く、高低差がない大きな町のために、走っても走っても、似たような景色。

町の端には大きな川が流れており、そこの中にある中州には、この町の高級住宅街。
しかし、川の色もきれいとはいいがたい色。

20170115_125432.jpg

ちなみにランディング(着陸場)は離陸した場所からこの広い川の対岸に当たる場所。
間違っても川にはいきたくない・・・・・・。

ちなみに、中州に行くには唯一一つの橋をを渡るか、至るとこにある渡し船を使うか。

20170115_124121.jpg

この何にもない場所にこれだけ大きな町ができている理由(ここには観光は唯一パラグライダーなので、
観光客も訪れない)は地下鉱山の採掘で大きくなっているのだそうです。

地元のブラジルパイロットの友人が教えてくれました。
そう、ランニングが終わってから、世界的に有名なパイロットの一人であるフェリックスと会い、再会を喜んだあと、このブラジルパイロットの
友人Samuelと落ち合い、ランチに連れて行ってもらった。
彼は昨年564qという直線飛行での世界記録を作ったパイロットで、その時の話をしてくれた。
朝6時から夕方6時まで12時間飛び、追い風に乗って滑空するときは時速100q/hを超えていたそうだ。

そんなチャレンジに私も挑戦していきたい・・・・・。


すでにホテルでは、ワールドカップ常連のメンバーが集まりつつあり、
ホテルに戻るたびにメンバーたちと再会する。

先日、台湾であったイドリスもちょうど到着。
彼らは道中、グライダーはロストするは、ここに到着したとたん、酔っ払いの車に自分たちの車をぶつけられるとか
なんだか災難な道中だったようだった。

syukusyou.jpg\

食事をしたらすっかり気分もよくなっていたけど。

天気は徐々に回復傾向。
本番には最高のコンディションになりそうだ!!

posted by Yoshiki at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 競技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ERUK ロゴ.png