ERUKロゴ.jpg
IMG_1246.JPG

2017年06月06日

国内大会参加選手向け:GPSポイントの入れ方(NAVITER編)

パラグライダーの試合に重要なアイテム、それはGPS!!
どれだけすごい飛びをしても、誰よりも早くゴールしても、
GPSの軌跡だけがそれを証明してくれるのです。

また、今のレースはGPSにポイントを入れて飛ばないとどこがチェックポイント
なのかわからない、ついでに最後、どこから、どれくらいの高度があればゴールに
たどり着けるのか、それはGPSと経験と勘がそろわなければ勝負に出ることもできません。

そう!GPSはパラグライダーの大会にとってとても大切なマテリアルなのです!!

=========================================
さて、ここからはパラグライダーの選手、しかも一部にしか通用しない内容になります。
国内の大会では最近、事前にGPSのWaypointを入力しておくように!
というのが多くなってきています。次の鳴倉の大会はそれが「条件」のようになっている模様。
さて、そうはいっても機械に疎い人には敷居が高くなってしまうのでは???

それはこれからの課題にもなるのでしょう。大会選手の確保も必要ですが、
大会をやってくださる主催者たちも増えるようになるにはどうしたらいいのか・・・・・。

それはさておき、私が今使っているNAVITERのOUDIE4について、大会のWaypointの入力方法を
書いていきます。同じ機種を使っている方は参考までに。

*用意するもの
Naviter Oudie4(3でも同じ)
PC 
ケーブル

1.Oudieの電源を入れる

20170606_070905.jpg

2.PCも電源を入れてOudieとケーブルでつなぐ
20170606_070954.jpgPCとつながると写真のような画面になります。

3.PCにつなぐと↓のような画面が表示されます。
20170606_071009 (1).jpg


4.Waypointというフォルダをクリック!!
20170606_071021.jpg


5.JHFの大会フォームからWaypointをダウンロードします。
20170606_071111.jpg

ここから今回の場合は「鳴倉カップ」→「ウェイポイント」→J IDに自分のゼッケンを入力し、その隣の「形式」を
クリックして「Compe GPS wpt」を選択します。
そうするとwptファイルがインストールされます

6.インストールしたファイルをOudie に入れる
20170606_071137.jpg

マウスでダウンロードされたファイルをひょいっと先ほど開いたOudieのWaypointの中に入れちゃってください。
これでOudieにWaypointがはいります。

7.Waypointを設定する。
PCからOudieを抜き、通常の画面からSetting→Fileに入り、今入れたWaypoint を選択、設定します。
あーら簡単!!

==================================================

ワールドカップの場合、大会中貸し出されるGPSには、タスクが決まった後、通信でそのタスクが送られて
来ます。もっと簡単で確実にタスクが配信されるようになるといいんですが・・・。
そのうちなりそうな気もしますが。

正直、こういうところで飛ぶ前に心配がないようにして試合中はフライトに集中したいところです。



posted by Yoshiki at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 競技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。