ERUKロゴ.png
ay_bnr234.jpg

2017年06月28日

予定変更。グライダー開発の現場

実はまだフランスにいたりします。
27日の朝、リュックに迎えに来てもらい、ホテルからOZONEへ行き、
午前中に昨日の修復グライダーのテストをしようということになりT.O.へ。

DSCN3041.jpg

天気は最高によく、難しいコンディションだけど、十分にクロスカントリーフライト(長距離フライト)が
可能な天気だ!とリュックはいう。

DSCN3046.jpg

え??それって行ってしまえば?ということなの??どうなの??
いや、でも午後にはイタリアに行くって言ってたし。
とか思ってると、「準備もあるから、飛んだら真っすぐ言ってその間にグライダーチェックと
テストして上昇して帰ってきてここに降ろして。」とつれないお言葉。

DSCN3049.jpg

グライダーは問題なし。
完璧に治ってます。これで世界選手権も大丈夫。

OZONEに戻って彼らの仕事を手伝いながらいると、
結局、イタリアのフェルトレはここ数日天気が悪いということで、
それなら作業をしていこうということになり、この日もイタリアへの移動はなくなったのです。

ということで、私もグライダー作りのお手伝い。
で、なにをするかというと、じみーな作業をするわけです。

s_20170627_144817.jpg

テスト中のグライダーのライン変更を手伝ったり、

s_20170627_162557.jpg

ジミーにグライダーを縫い合わせる手伝いをしたり、
ちくちくちくちく・・・・・。

こういった地味な作業とテストを繰り返して世界一流のグライダーができてくるのです。
そしてテストを繰り返されるプロト機が山のように積まれています。

DSCN3029.jpg

そして夕方、じゃ、グライダーテストにハイク&フライするか。ということになり、
リュック、オノラン、私の三人でフライトへ。

DSCN3056.jpg

今回のグライダーは超軽量機なので装備もトレランのザック並みに小さくて軽い。
小一時間のハイクからのフライト

DSCN3063.jpg


ここの景色は本当に「ヨーロッパ」を感じる風景。
気持ちがいいです。


着陸したところはメインのランディング。
そこから車を泊めたところまでまたショートカットして歩くといいます。
そのショートカットコースは・・・・。

DSCN3070.jpg

川渡り・・・・・。

やたら冷たいきれいな水が流れています。

s_20170627_182726.jpg
実はこの写真の送ん部分は2mくらいの深さ。

そうなると、

20170627_182713.jpg

こうなるわけです。
その後パンツ一丁で男2人は帰る羽目になるわけですが。

ちなみに夜はオノランの家へお邪魔したのですが、
このオノラン、26歳ですが、既に世界記録を3つ。世界チャンピオンに一度かがやいている男。
そして、ゲーマーだったということが判明。

この晩は日本発のゲーム「マリオカート」で対戦するもことごとく敗戦。
この借りはイタリアで返すことにします。
posted by Yoshiki at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ERUK ロゴ.png