ERUKロゴ.png
ay_bnr234.jpg

2017年07月15日

持っている人は持っている

フェルトレの朝。
初めて朝から結構な雨が降っていました。
シトシトとザーザーの間くらい。
朝8時からのリーダーミーティングも1時間遅くなったとの連絡が入るくらい。
さて、飛べるのか?

でも飛べてしまうのがこのヨーロッパの気候。
結局フェルトレは天候回復が難しいけれど、南のバッサノに行けば飛べる
ということで移動。

20170714_112837.jpg

到着した時にはT.O.は雲の中だったのに。

20170714_125459.jpg

1時間もすると飛べるコンディション。
飛べるということがうれしい。

それでもさすがにレースの時間はいつもよりも遅め。
14時のスタート。
タスクは単純なものになり、57q。西から東への移動一直線。

これだけ湿っていると、上昇自体が弱いので、慎重になります。
問題は、レースが始まると、先へ先へ行こう行こうとする自分をしっかり抑えること。

少しでも多く飛びたいので、離陸はいつも初めのほう。
空を飛んでいるときがなんだかんだ言って幸せです。

20170714_133119.jpg

でも雨の影響は強く、高度も1100mほどで雲に届いてしまい、高度を上げることがそれほどできません。
2週間毎日飛んでいても、スタート前の混雑には慣れません。
基本的にはほかのパイロットをあまり信用しないというくらいに思って飛んでいないとです。

スタートは問題なく。ただ、前に出すぎないように意識しながらのフライト。
勝負は後半。
このエリアで自分が遅れてしまう谷も問題なく高い高度で推移していきます。

20170714_150725.jpg

この日は大きな集団を先行するグループに入り、私も時折先に出たりしながらそれでも高度を高くいきます。
そうそう、こんな感じ。自分の好きな大会でのポジション。
今回の大会ではこんな風に飛べてなかったと思いながらのフライト。

山はすぐに上昇が無くなってきたので、これはもう早めに沖に出ようと高めの位置で沖に出ます
同じタイミングで全員が沖へ。

そこでもサーマルをゲットして上昇率の弱いサーマルをできるだけ上昇して進みます。
リズムはいい。

集団の前には低く先に走る数機。
これを観察しながら大きな集団の先方で高く進む。
真っすぐ行くところ、右手さらに沖へ一機のグライダー。
そこは日が当たり上昇しそうな雰囲気。
ここで集団の先頭グループから少し離れそちらへ寄せていくのはフランスのオノランと私。
その行き先を少し後ろでもう一つのグループが見守りながら弱い上昇で待っています。

左手をいく集団の先には弱いサーマル。
ここでは雲が張ってきているので弱くてもそれにしがみつかないとです。
私からは少し離れた位置。
右手のグライダーは上昇しそうな挙動は見せるものの、上がらない。
しばらくそちらに行ってしまうも、これ以上は高度を落とせない
そう思って集団のサーマルへ。

20170714_150942.jpg

ようやく届いたサーマルも、一番下に入ることになり、弱い上昇がさらに弱く上がるか上がらないかというもの、
更に南まで行っていたオノランは私よりも低く子のサーマルに入ります。

私の上にいるグライダーはなくなりかける上昇に見切りをつけて先に進み始めます。
高度は稼げていないけれど、もう上昇も終わりかけ。
私ももう先に進むしかありません。

この先は雲の影。
嫌な展開。

20170714_142918.jpg

このエリアのまた急に上昇が無くなる時間帯。
その手前で高度をなくす。

先に進みますが、一機また一機と地上に降りていきます。
私は全体よりも低いので、何とか上昇がある空域を探してもがきます。
その後ろも私よりも少し低い位置でいるオノランを入れた数機。

20170714_152259.jpg

後ろで待機していた次の集団は高く(とはいっても対地高度はそれほどない)先に進みますが。
これも厳しい高度。
結局町の上を通り過ぎてもサーマルはなく。私はそのまま地上人へ。
他の選手も次々に降りていきます。

またこの展開か・・・。

がっかりしていると、高めに行った集団の先方15機程は何とか弱い上昇にたどり着き、旋回を始める。
それも弱い上昇だけれど、上がってはいる。
見上げていると、その中には聖子選手も。

日射がようやく当たってきて地面を温めます。

後ろを見ると、もう着陸態勢に入っていた後ろに来ていたオノランとその数機にも上昇が。
我々が通った時にはなかった上昇を何とかつかみます。

時間をかけて少しずつの上昇。
飛んでいる人たちから見れば、時間をかけてでも高度をかけようというところ。
なぜなら9割の選手がもう飛んでいない。

本当にゆっくりゆっくり地面から離れていきます。
そして十分な高度に達して先に進んでいきました。

結局この20機だけがゴール。
この日の成績で、オノランと聖子選手は総合と女子のトップに躍り出ました。
彼らは残り1日を残して2連覇に手をかけたのです。
何かを持っている。

あと1日。
せっかくなので飛ぶだけ飛んで終わりまでしっかり飛んで帰ります。

20170714_182436.jpg

虹も見えたし、きっといいことがあるはず。

posted by Yoshiki at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 競技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ERUK ロゴ.png