ERUKロゴ.png
ay_bnr234.jpg

2017年08月17日

ジャカルタの旅は・・・

もっといろんな写真を撮ってまわれば良かった。
帰国してみて今思いつくのはそんなことでした。

ジャカルタで帰国前の半日を過ごしたのですが、
やたら広い「ムルデカ広場」(あ、無駄にデカい広場か・・・。)
の真ん中にそびえるモナスという独立記念の塔を見に行き、

P_20170815_093453_vHDR_On.jpg

その公園に集まるすごい数の軍人に、さいしょは何かの異常事態なのかと思いましたが、

P_20170815_092755_vHDR_On.jpg

なんかのセレモニーだったらしく、
怪しい踊りを踊っていた・・・・・・。


なんだか盛り上がっていたが、
いいのか、こんな街の真ん中でこの踊り。
陽気な民族だ・・・・。

そして公園の周辺では2018年のアジアゲームへ向けての看板やらモニュメントやらが
あちこちにあって、その力の入れようが伺える。

のですが・・・・・

パラグライダーの認識はやっぱり低いような・・・・。

P_20170815_092632_vHDR_On.jpg

多分、あれがパラグライダーのピクトグラムなんだよなぁ。
大きな扇を担いで怪しい踊りをしているようにしか見えないけど・・・・・・

さて、しばらくウロウロしたり、バイクタクシー拾ってちょろちょろしていましたが、
ジャカルタってとこは

・車が異常に多い
・空気が本当に悪い
・怪しい雑多な場所と近代的で新しいところの混在率がびっくりするほど高い。
・川はどうしてここまで?というくらい汚く臭い
・わからないことを聞くと、とにかく親切に答えようとしてくれる。
・日本のお店が多い
・交通状態はカオス

といったところでした。
空気が悪く、なんだか頭が痛くなってきたので
写真とか取りに行きたかったのですが、退散。

世界ワースト2をタクシードライバーが自称しているくらい慢性的に交通渋滞を起こしている
ジャカルタ、来年のアジアゲームが開催されると、さらに深刻化しそう・・・・。

あ、そういえば運転している人たちを見ていると、話すと温厚な人たちなのに、
運転は、やたらクラクションは鳴らす、強引に割り込む、パッシングはするは
びっくりするくらいの攻撃的な運転。
インドネシア在住のパラフライヤーの杉浦氏が「インドネシアで絶対運転してはいけない」
と言っていたのがよくわかりました。

あ、そうそう、帰りのタクシーはなんと伝説のチャンピオンの運転

P_20170815_173624_vHDR_On.jpg
かなり陽気なドライバーで、自分の名前もネタにしていた。

さて、日本に帰国してひと晩寝ると、なんだか疲れがたまっていたのか体がだるくなりましたが、
頭痛も腹痛もなくなり、快適。

さて、これからいくつかの夏のイベント準備に追われます。
posted by Yoshiki at 08:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ERUK ロゴ.png