ERUKロゴ.png
ay_bnr234.jpg

2018年12月06日

イーグルアタック!!

キャンプ4日目。
記録が狙えるかもしれないコンディション。
問題は、記録を出すためにはコンディションが整う前に飛びはじめ、コンディションが良くなる前にどれだけ進んでおけるか。

そしてコンディションが良くなったときに取れだけ風が吹いて進めるのか。

最後に夕方の何時まで飛び続ける事ができるか?

この3つが整わないと500kmの壁を越えることができません。

この日は朝早くからキャンプを撤収してテイクオフポイントへ。

20181206213556059.jpg

皆やはり気合が入っているのか準備がいつもより早い。

それでも一番気合入れているのは勿論私です!!皆そう思ってると思うけど。

一番に準備してセットをしてトーイング開始したのが9時半を過ぎた頃。

高度800mで切り離してまずは最初のサーマルを探します。

20181206214732639.jpgこの真っ直ぐな道が離陸地点

とにかくこの日は風は強め。
風上に向かってもグライダーは全然進んでいません。
サーマルも風に流されているのでそれに乗って高度1000mまで上昇。

次に離陸する聖子ちゃんや、シャルを待とうとしたのですが、もう無理。

進むしかない。

すると、クワァーー!クワァーー!とイーグルが近づいてきます。
この鳴き声は全く有効的な響きがありません。

彼らは警告しているのです。

いつもリスペクトしてるのに!!憧れてるのよ、君たちに!と訴えても聞いてくれていません。

グライダーを揺すったりしながらなんとか追い払います。


いよいよ風に流されて行きながらそのままスタート。

そしていくつかのサーマルを捕まえているとき、それは突然でした。

翼の翼端からパスーン!!という音。
イーグルが急降下して私の翼にアタックしたのです!!

まじかぁ!!!
少し切れた翼。

全く予期してない攻撃。

幸い、グライダーの破かれた部分は小さいのと翼の端だったので、問題なく飛行できていますが、やられた!!

これにケチをつけられたのか、この先のサーマルに出会うことがなく、風の強い中、着陸。

この日は全く距離の出ない日でした。
着陸後グライダーをチェックすると

20181206214716765.jpg

爪でザックリやられてます。
夕方、リペアを施し

20181206214823396.jpg

これで明日も飛べます。
posted by Yoshiki at 19:48| Comment(0) | 競技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ERUK ロゴ.png