ERUKロゴ.png
ay_bnr234.jpg

2019年02月11日

入院生活

今日から入院です。
事故から3年たって最後の手術です。
あれから多くの人に支えられたなと
今思い返していました。

今回は機能を取り戻すというよりも元に
戻すという顔の修復手術。

実は昨年やる予定だったのですが、
アジア大会ではドーピングの問題で
延期にり、その後はオーストラリアチャレンジで延期になり、もう延期はできませんと医者に怒られての手術です。

いいことではないですが、勝手知ったる
入院生活。看護師さん達からはお久しぶりですとかいわれ、病室ではぱっぱと快適に過ごせる準備をしてあしたの手術に備えたところです。

今年最初の山場。
退院後はまた南木曽に通いつめることになり、春は熊本にもお世話になります。

20190211194705436.jpg

退院したら本格的にトレーニングも再開です。
posted by Yoshiki at 19:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月30日

新作!

ここ数日は木曽から離れ、東京にてウロウロとしています。
といってもなんだか約束が詰め込まれてあっちに行ったりこっちに行ったりでしたが。

昨日は最高のパフォーマンスを発揮させてくれるLa sportivaさんの展示会へと行って、先日のオーストラリアの報告と新作を見に行ってきました。

20190130123326114.jpg

次の春夏シーズン、今までのラインナップは新色になり、イメージがまた変わりました。
私の愛用しているAKASYA やULTRA LAPTERも、カラーが一新されていて、かっこいい!!

20190130123535510.jpg

キッズのものもあったり、これ履いてたら子供でもなんか早そう。

20190130123627172.jpg

新しいといえばUNIKA。
袋状での作りで、クライミングシューズを作ってきたスポルティバの技術をトレランと融合させた感じ。
凄い全体がフィットして靴と足とのズレがない感じなのかな。

山で走ってみたい!そんなモデル。
パラグライダーパイロットには向かないかもしれないけど…

パラグライダーパイロットに人気のシンセシズはローカットとハイカットもでて、選べる範囲が広がりました!

20190130124028452.jpg

ウェアもオシャレかっこよかった。
最近パラグライダーにはクライミングパンツが合う!と実感してます。

夕飯はスポルティバチームで楽しい時間。世界的なスポーツクライマーの渡部桂太君ともいろいろ話ができ、クライマーの競技世界なんかを聞かせてもらいました。

20190130124450169.jpg

あの世界も興味深い!!

  • 20190130124505800.jpg
posted by Yoshiki at 12:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月25日

毎日毎日泥だらけ

ブログも更新せず、他のSNSも更新せず、何をしているかというと

20190125191517851.jpg

あーなんだか農家のようです。
今は毎日毎日土をいじっています。

古民家を再生、そこからのアクティビティガイドツアーを含んだ宿泊。

そういったプロジェクトを進めています

MENEXという会社を起こし、そこから始まっているプロジェクトは南木曽町というところで進んでいます。

なので伊那のエリア開発は父に任せっきり…

パラグライダーをどうやって仕事にしていくか、それも私の大きなテーマ。
インストラクターだけでなくパラグライダーで生きていくという場所を作るには?
そうやって次世代を育てるには?

これはなかなか難しいですが、やらないといけない取り組みです。

伊那のエリアはパラグライダーだけでなく、マウンテンバイクやカヌーなどアクティビティができて、人を育てる。
そして南木曽町では観光客といった人たちにアクティビティを体験してもらう。そんな風にできればいいのですが。

今年のテーマは自分だけでなく人も育てるところを作っていく。

20190125192752673.jpg

20190125192759338.jpg
posted by Yoshiki at 19:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月09日

あけました!おめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
もう2019 年が始まって仕事も始まり日常が始まったのではないでしょうか。

私はというと、帰国してすぐに年末年始。
地元のおじさん達と飲んだり、木曽のどんど焼きに参加してる間に年は開け、3月開業に迫ったMENEXのホテル、ZENAGIの準備の為、祭りが始まってます。

昨日はお世話になっているスポンサー企業さんにご挨拶、全然回れてないですけど。
そして木曽にとんぼ返りで土方作業。

昨年は世界大会、アジア大会、世界記録挑戦、エリア作りといった年始に宣言したことをどうあれ実行。
結果は目標の70%といったとこでしょうか。

それでも次のステップへと進み始めたという感じがしています。

今年は世界選手権、世界記録への再挑戦、伊那エリアの開業、メネックスのホテル開業、新人育成とこれまた祭りの一年になりそうです。

頑張りますので皆様今年も宜しくお願い致します。

20190109090028034.jpg
posted by Yoshiki at 09:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月20日

チャレンジの終了、そしてメルボルンへ

この2日間、マニラでのフライト。
世界選手権等の大きな大会をやっている実績のあるエリアだけあってそのポテンシャルはかなり高いエリアでした。

20181220082345469.jpg

ただ、ちゃんと回収してくれる人がいないと、ヒッチハイクするにも車が通らない。
街がない、人がいない。
そんな場所なので飛ぶときにはしっかりサバイバル用品を持ってないとです。

マニラでのフライトを終え、今回のチャレンジは終了しました。
今回の旅はあまりにも大きなものを失い、そして沢山の事を学びました。

オーストラリアという大地は日本ではわからない[広さ]や自然の厳しさといったものをパラグライダーを通じて目の当たりにしました。

そして自然の美しさも

20181220082959823.jpg

我々は日々自然がもたらしてくれる色に
魅せられるそんな旅でした

20181220083039711.jpg

日本に帰り、気持ちが整理する時間が自分にあるかは分かりませんが、自分が一つ大きな経験を積み、成長としていけたのだと今は考えています。

今はDubboから長距離バスにのり、途中から電車に乗り換えてメルボルンへと向かう10時間の移動中です。

20181220083506280.jpg

結果として日本記録の距離を飛ぶことはできましたが、世界記録を塗り替えるという当初の目的は果たせなかった今回のプロジェクト。
いろいろな意味でリベンジを誓ってDubboをあとにしました
  • 20181220083800288.jpg
posted by Yoshiki at 07:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月19日

マニラへ

Dubboから300kmの場所に世界中で有名なパラグライダーエリアの一つマニラガあります。
残りの日程はそこで飛ぶことになりました。

移動は勿論飛んできます。
Dubbo近郊の広い真っ直ぐな道(もうおわかりだと思いますが、そんなとこだらけです)からトーイングによる離陸。

一路北東へ向かっていきます。

20181219090819812.jpg

オーストラリアの平地で注意すべきはエアスペース。航空管制区域。
これはインターネットでも簡単に確認できますし、今は大概のgpsで表示できるようになっています。

NAVITERのHYPERはクロスカントリーをメインに考えられた機種なのでその表示が分かりやすい。

街を迂回して飛ぶと、今度は国定保護地区になっている広大な森林が現れます。

真っ平らな土地に広がる広大な森林。
途中で高度がない!なんて目も当てられない。

高度をとって安全地帯を確認しつつ進んでいきます。
雲は続き、雲底から雲底へジャンプするように進むことで森を抜けていきます。

20181219092414190.jpg

これはちょっと依頼されていた空飛ぶ埴輪の写真

残念ながらマニラまでは届かずランディングし、チームに拾ってもらって残りは陸路をすすみます。

そして到着したのは日が沈もうとしている時間。

20181219092627753.jpg

残り2日ですが、残念ながら予報的にもう記録を作ることはできません。
残り日程はトレーニング、そしてこの場所をしっかり知っておこうと思います。

posted by Yoshiki at 07:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

西へ西へ

オーストラリアの北側にあるジェット気流のうねりが、いつもの年とは違うらしく、とにかく乾燥が酷い年になっているみたいです。

2日前の予定では、昨日、今日が記録を狙える可能性があるという予報だったのに、思いの外天気の崩れが早く、天気は良くてもサーマルの高さ、風の強さが全く弱くなってしまいました。
それに加え、予定していた場所近辺は天気が下り坂。

20181207202659329.jpg

様々な情報を加味して、思い切って西へ移動することになりました。

昨晩滞在したTottenhamからの大移動。
Tottenham→Nyngan→Cobar→Brokenhillという都市の移動約700km

明日は北風に乗り500km越えを狙うという計画に変更です!
これこそ今回のプロジェクトの醍醐味。
いいとこへ移動して飛ぼう!

20181207203124064.jpg

その道のりは、広い、凄いという言葉を何度も言ってしまう程広大なこの大地をひたすら、ただひたすらに進むだけ。

写真の道は80kmカーブがない道。
その前後合わせて200km以上、道以外のものはありません。

明日はここを飛ぶわけです。

道から離れて降りてしまったら…
命に関わります。

今日はそんな何にもない道にポツーンとあるドライブインの隣にキャンプ。

20181207203552804.jpg

そこから10kmほどのメインロードから外れたオフロードがテイクオフ場所

20181207203708627.jpg

今は夕食をたべ、少し落ち着いたところ。
ちなみにこのドライブインの建物を外れると携帯の電波は届きません。

20181207203819601.jpg



posted by Yoshiki at 18:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

飛ばない日

キャンプ3日目。
風予報もサーマル予報も記録を狙うという天気ではありません。なのでこの日は飛ばないと決めた私。

ただそれでも飛びたいパイロットの為に湖から100km程北上してトーイング開始。結局2人のみフライト。

20181206140255535.jpg

そのまま更に200km程北上したTOTTENHAMというのがこの日のキャンプ地。

20181206140233249.jpg

見事なくらい何もないこの街で、
キャンプをしてぐたっと何もしないということをしっかりやります。

明日、明後日は記録が期待できる予報。
そのためにしっかり休み、翌日は早くに出発ということに。

こういう日には洗濯もしないとです!
今回、洗濯する為の秘密兵器を持参

20181206140500959.jpg

ウォーターバック!
なかなか優秀。

20181206140647665.jpg

翌日に備えて早めの就寝です。
posted by Yoshiki at 12:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月05日

キャンプ2日目

休息日と集中日、この使い分けが今回のチャレンジで重要な所。
2日目の朝は皆が動き出す音で目が冷めました。

前日にロングフライトで300kmを越えたのは私だけだったようで、私がキャンプサイトについたのは深夜1時過ぎ。

そこからテントに潜り込んでものの数秒で夢の中。

20181205134825760.jpg

この日は朝の朝食をとってからキャンプ場から30分程移動した長い長いオフロードからのフライト。

20181205144358726.jpg

あ、でもちゃんとこういうことができる場所はちゃんと許可をもらっているようなのであしからず。

どこからでもできそうな位場所はいくらでもありますが…

翌日の予報は風も弱く、確実に記録は出ない予報なので、この日は私も飛ぶことに。

20181205144550939.jpg

準備をしていざ空へ!

とにかく乾燥してあついオーストラリア。この日も雲ひとつなく、なかなかサーマルを探すのに苦労しますが、昨日よりもサーマルにあたると強い上昇。

20181205144711639.jpg

ただ、風は弱く、風を背負っても60km位しかでません。これでは記録には遠く及ばない。しかもスタート時間が遅すぎました。

20181205144950669.jpg

気分ものらず、この日はさっと飛んでおこうというつもりで、60kmほど飛んだ先にある町に降ります。

全員近辺にランディングした様子で、回収されてから次のキャンプ地へ。
翌日は風向きが東向きになるということで降りたところから200kmほど移動。

そこのレイクサイドでキャンプ

20181205145202296.jpg

キャンプ場では各々が自分のSWAGといわれる一人用テントを
組み立てるところから始まります。

20181205145325769.jpg

寝床を組み立て今度、湖となると…

20181205145515972.jpg

あ、こういう野生児達が現れるのです。
ちなみに私ではないですよ!
今回は。

20181205145609006.jpg

夕焼けの美しい景色を見て明日を考えます。

20181205145644902.jpg

翌日はやはり記録を狙うにはよろしくないけれど飛べそうとのこと。
私は明日は飛ばずに休養。

そしてまた移動です


posted by Yoshiki at 12:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

出発前日

月曜日は朝6時半集合、デニクリンを出発して風上へ100.kmほど移動してからのフライトに決まりました。

20181203064338180.jpg

機材の最終チェックですが、私のSPOTが原因不明ですがGPSを拾わなくなり、他の人の予備機を借りることに。
spotはその人がどこにいるかドライバーがチェックするためにまさに死活問題。

天気の予報、風、気象情報をネットでチェック。そして飛ぶフライト空域の空域制限もチェックします。

20181203064654951.jpg

オーストラリアでは3000m以上の高さで飛ぶためには無線資格と酸素資格が必要な上、ボンベを積んで飛ばないと行けないのですが、流石にそれは準備できず、高度3000mの制限の中飛ぶことになります。

とはいっても地上は高度100mなので、対地高度は充分にとれてとぶことができます。
さて、フライトはこちらの時間では10時から11時位からスタートの予定。
今回その様子はライブでポジションがチェックできます。

https://skylines.aero/tracking

ここのページに飛んでいると私の名前が出ていますので、確認してみてください。


posted by Yoshiki at 04:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ERUK ロゴ.png