ERUKロゴ.png
ay_bnr234.jpg

2017年05月22日

アルプスを越えて長距離を!!!

土曜のアルプス越えを終え、車の回収に向かい、家に帰っていると携帯が鳴りだした。
「どうだった今日は?」そんな調子で始まった会話。
抜群の気象予報をしてくれる肥田さんからの電話。

この日は肥田さんの予報が当たってしまい、アルプスを千畳敷まで行けずに北風に阻まれ、その先に進めなかった。
その話をすると、「日曜は飛びに行ったほうがいい。かなりいい予報だ」
という私の心をくすぐる話をしてくる。

土曜日のアルプス越えは、一つの目的であったから正直満足感も強かったが、
狙いは、そこから諏訪に渡り、美ケ原を抜け、長野市を越えるルートの制覇だ。

コース1.jpg
丸い枠が昨日の離陸場所。

直線距離170q。
ただ、難関も多い。
最初にアルプスを越えないといけないのだし・・・・。

電話の先では予報のデータを見ながら話しているらしい。
高度3,000m以上には南西が長野まで吹き抜けている。
コンバージェンス(風がぶつかってできるライン)も中央アルプスから諏訪を抜け長野にかけてできそうだ。
という。

それは行きます。行くしかないでしょ。

土曜日のフライトでアルプスへのアプローチルートはわかったので、
あとはその先をどう越えるか、どちらにせよ南アルプスで3500〜4000mの高度を稼がないと先に進むのは
難しい。

さて、そんな予報を聞いたら土曜日同じく飛んでいた阿知波さんに声をかけて共に行くことを進言。
クロスカントリーは一人より複数のほうが行きやすい。

ということで日曜日のフライトとなったわけです。
土曜はアルプスを越えることが目的に近かったのに対して、日曜はアルプスは越える前提でその先の
目的を達する最初の壁。だったのですが・・・。

2000m以下の高度が土曜日より上昇が弱い!そして南風が思ったより吹き込んでいる!!!!
コース取りにロスがなかった割に上昇に時間がかかり、ともすれば途中で地上に降りそうになること複数回。
気が付けば前日よりも時間がかかってのアルプスの入口へ。(アルプスにたどり着くまで2時間)

そこからも順調な上昇はなく、雲も2800〜3000mと、山より少し高いくらい

s_GOPR0090.JPG

結果前日のようにアルプスをなめるように飛ぶことに・・・・・。

アルプス1.png

それでも前日よりは進むという気迫と気力で進む。進む。
途中で登山者には驚かれ、ともすれば山頂に足が付きそうになりながらも千畳敷を越えていく。

s_GOPR0093.JPG

千畳敷はスキーのイベントをやっていたようで多くのスキーヤーと登山客でにぎわっている様子。
それを見下ろしながら北へ進む。

しかし、3000mではその先の山に取り付けず、地上の上昇と対岸の山を狙って伊那谷へ。

アルプス2.jpg

しかし結局、高度が足りず、温まりすぎた伊那谷は上昇の気配なく70qを飛んだ地点で着陸となりました。

まぁ、ルートはわかってきた。
次回チャレンジです!!

それにしてもアルプスの山々のフライトは、ヨーロッパにも負けないコンディション。
2日間で7時間のフライト。
いいトレーニングとなりました。

フライトの様子を簡単に動画編集しましたのでこちらもどうぞ!!

posted by Yoshiki at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

アルプスを越えろ!!

日本のアルプスに囲まれた伊那谷にいて、なかなかここでのフライトができていない。
大会も近いし、飛びたい症候群も半端ない。

そんなとき、クライマーで今パラグライダーがノリノリの江本さんが「アルプス越えに挑戦しない?」
とのお誘い。
それはやりたかったこと。返事は即答の「行きます」
ということで土曜日、メンバーはいつでもパワフルな三品さんに、大会で一緒で独創的な飛びをする阿知波さん
そして怖いもの知らずの江本さんに私というメンバー。

18557023_1359106537512006_6274710070747972725_n.jpg

予報は、2000mあたりに逆転層があり(下よりも暖かい空気の層が乗っかってるので、
そこから上昇はそれを突き破る強い上昇が必要)そしてその上は本流が北風(進んでいこうとする方向)
だという・・・。

うーん、でも行くしかないよね。

雲はひとつないブルーサーマル。
最初は高度1600mほどで移動を開始。
谷をいくつも1600〜2000mほどの高度に達してからわたっていく。
遠くに見えるは中央アルプス。

なかなか迫力はあるけど遠い。

サーマルは弱く形が定まらないので、上昇にも時間がかかる。
ついでにアクシデントでアクセルが踏めない。

阿知葉さんをまったり、逆に待たれたりしながらサーマルを見つけていく
チームフライト。面白いし、試合と同じで一人で探すより二人。

そして、高度が少しずつ山と同じに高度を上げていく。
少しずつ見えてくる山の向こう側。
そこは飯田市。伊那谷の中。

中央アルプスの端っこ。
高度はやはり、斜面から数百メートル稼ぐのがやっと。
ここらへんは降りるところなんてありません。

3000m!
アルプスの稜線

GOPR0079.jpg

ヨーロッパのフライトに匹敵する場所です。
景色は雄大で、綺麗。

しかし稜線に上がっても、高度はあまり上がらず山に沿うようにフライト。
そして千畳敷手前で予報通り北風が進路を塞ぎます。

高度があったら少し強引にでも進めるのに、高度もこれ以上取れません。
進路を伊那谷へ。

伊那谷は温度が上がりすぎてサーマルの活動が全くない
あとはひたすら穏やかな空気の中を進む。

飯島の町を見ながら

20170520アルプス2.jpg

宮田高原の上空を通り過ぎ、こりゃ、距離も伸びないな。
そんな感じになってきたので、ゴールを決めました。


20170520アルプス3.jpg

それは

実家

降りてから飲み物も車もあるから実家に降りちゃおう

20170520アルプス4.jpg

いやぁ、まさか実家に帰ることになるとは。
ということで距離は伸びませんでしたが、宣言通りのアルプス越え達成。

しかもコンディションが渋くてなかなか難しいコンディションだったので、
時間もかかったけれど達成感がすごい。

20170520_142700.jpg

今度はここを超えて、長野市を目指して日本記録に挑戦です。
posted by Yoshiki at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

空を見てしまう

天気がいい時には知らず知らずのうちに空を見上げてしまいます。
もうこうなると、空中毒者(スカイジャンキー)です。

朝から、サーマルによってできた雲がいかにも美味しそうに出来上がっていくのを見ていると、
あそこでサーマルが上がっていくのか。と思ってと考えていると、頭の中で妄想フライトが始まっています。

20170519_082312.jpg


朝は高度も低い雲がまさにこれから「成長していきますよ!!」という雲

20170519_093915.jpg


昼に近づくとこんなにいっぱい!!!!!あぁ、もう飛びにいくしかないな

20170519_114028.jpg


そして山の上は「クラウドストリート」(雲の道)。
これを伝っていくだけでアルプスの上を飛んでいける・・・・・。

気もそぞろ・・・・。
でもやることが沢山・・・・。

さて、入院やら通院が多く、体を元に戻すのに時間がかかっています。
それでも最近は山に登ったり、自転車でトレーニングしたりとやってますが

20170518_235004.jpg


トレーナーからきたサーキットトレーニング!!!
時間は短いのにきつい。
これを笑顔でやれって・・・。

一人で笑顔でこれやってるとこって、
外から見ると、怖い変態ですな・・・・。
posted by Yoshiki at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

行き場所に詰まったら

先程。
燕が一階から吹き抜けになっている階段に入り込んで出られなくなっていた

20170516_114254.jpg


一階から入ってしまうと、上には抜けられない。窓もない。
燕は必死に逃げようと上を目指して飛ぼうとする。

42375825.jpg


下を見ればそこには簡単に出る場所があるのに。

あぁ、そっか。
上ばかり見て行き詰ったら下も見れ見ればいいのか。
上ばっかり見てると意外と簡単な出口に気がつかないんだな。

ふとそんなことを思ったのです。

その後燕は無事に空へと帰っていきました。

posted by Yoshiki at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

新城でのトレーニングフライト

飛びたい飛びたい。
今は毎日その気持ちが大きいです。
私がいる場所ではまだエリアとして確立できていないので、
なかなかストレスなく離陸するところがまだないのです。

ということで、エリアとして確立したところに行って飛びたい!!
ということで昨日、行ってみたかった新城というエリアにお邪魔しました。

tizu.png

私がいる伊那谷というとこから新城までは直線で100q。
たった100qなのに、ナビに入力すると3時間と・・・・。

真っすぐ行く道は峠に次ぐ峠。高速で行くと名古屋をかすめてかなりの大回り。

じゃ、真っすぐ行くしかないっしょ。
とした道をひたすら峠道を爆走していきます。

今回エリアに行くのに、競技で一緒に飛んでいる小幡さんにお世話になりました。
このエリアは、クラブエリアではあるのでスクールはやっていませんが、とにかく、
ランディング(着陸場)、テイクオフ(離陸場)が整備されて素晴らしくきれいです。

18489710_1309444285829762_8679186415214543585_o.jpg

また、エリアも遠くには浜名湖、少し高度を上げれば名古屋まで見える景色もなかなか素敵な
立地。エリアの場所も面白そうな空域。

ですが、この日は少し湿気が多すぎた・・・・。

新城2.png

少し高度を上げるともうすぐに雲。
高度はせいぜい700m〜800m。

雲はできては消えて、またすぐにできてきますが、
サーマルがない周期に入るとすぐに高度が無くなります。

新城1.png

なのであまり移動はできず・・・・・。

しかし、なんだか久しぶりに何も考えずに飛ぶことだけを考えて楽しいフライト。
もっと飛んでいたかったなぁ。

18422138_1309445305829660_4856125446314392272_o.jpg

もっとコンディションがいいときにまた来ようと思うエリアでした。


posted by Yoshiki at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

G.W.の阿蘇

阿蘇から昨日帰ってきました。
阿蘇では大観峰パラグライダータンデム体験プロジェクトの第一弾のお手伝い及び自分のフライトトレーニングをかねて行ってきました。

阿蘇ジオパーク、その景色は日本とは思えないくらい特別な景観。
私が今いる長野とは全く違う景色の場所です。

阿蘇のカルデラを空から見てみようというタンデムフライトのお手伝い。
多くの方と空を飛べ、沢山の笑顔と会えたことが嬉しかったGWでした。
いや、なんだか忙しかったですが・・・。

18338911_1136571356447014_1310710087_o.jpg


中には親子で3人乗りも!?

18318266_1136571369780346_139124304_o.jpg


タンデムフライトは基本的に離陸した場所に戻って来るということでやっていたので、
飛びながら上昇もして、T.O.の上昇帯の中を降ろすというフライトでしたので、
なかなか神経を使うものでした。

そして、時間が空いたら自分のグライダーでとにかく飛ぶ!!

18317946_1133421480095335_1471739060_o.jpg

KEENのロゴが大きく入ったOZONEのオクターン2は、フリースタイル機というグライダーで、
コントロールの練習にはもってこい。

18216360_1129839250453558_572310943_o.jpg

なので、飛んでは高度を上げて、ストールしたり、グライダーを振ったり、
いろいろ試しながら、またT.O.に降ろす。
そんな練習をして、なんだかかんだと毎日毎日フライトできていました。
(風は強くてオクターンでしか飛べない日もありましたが・・・・。)

多くの人に、パラグライダーを知ってもらえることもできたのではないかな。
と思うくらい、人が多い大観峰

18378748_1138243376279812_1869150773_o.jpg

夕方の夕日の中まで飛べて、

18195366_1129995027104647_1885185130_o.jpg

景色もフライトも面白い日々でした。
また、食事もおいしい!!

また今度はクロスカントリーフライトに行きたいエリアでした。


posted by Yoshiki at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

阿蘇の大観峯にいます!

ゴールデンウィーク。
私は大観峰にいます。

20170430203131272.jpg

話の始まりは前回の九州、伐株山での大会の時、阿蘇ネイチャーランドでインストラクターをやっている友人の徳永君と話をしていた中で、大観峰でのタンデム事業をやりたい、ついてはゴールデンウィークにやってみたいが、手伝ってくれ!というようなとこから始まった。

長野で今エリアを作ろうとしているが、タンデム事業は大きな柱になりうるし、ここはやってみようということになったのである。

ゴールデンウィークは大観峰はすごい観光客。
そして大忙し。
という予定が、まさかの強風。

タンデムがほとんど飛べない。

変わりに今回合間に練習しようと持ってきた新型車フリースタイル機のKEEN号の出番ばかりが増えていく。


20170430203831507.jpg

20170430203848789.jpg

楽しいけど!
そして練習場になるけど!!

ま、いっか。

飛んでるとどうやら宣伝になるらしく、ソロフライトの時間がどんどん増える。

やはり目立つらしく、タンデムやりたい!という声がどんどんはいる。
でも風が強くて飛べない。

ちなみにわたしのKEEN号、20uとかなり小さいので京風でも飛んでられます。

グライダーにも慣れてきたので高度をとって、ウィングオーバーにSAT!そしていくつかのアクロバット!!

とやっていたら、どうもパラグライダー怖いーという声変わり上がっていたらしい。

20170430204406552.jpg

なるほど、一般には怖く見えるのか。
とにかく、絶景の大観峰に毎日います。

明日も飛べそう。タンデムは…どうかな。

20170430204611529.jpg

posted by Yoshiki at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

次世代機

まだかまだかと1年以上言われていたレース用のグライダーが、ようやくリリースされることになった。
もちろん、ものを見たわけでもなく、写真や、Webで情報を得ているだけなので、詳しいことはわからないです。
が、良くなっているに決まっている。
パラグライダーの翼はまだ未知的要素が多いのだと思う。
それなので、年々進化することができるし、グライダーの種類が用途によって多くなることができる。
開発者たちには頭が下がります OZONE

ENZO3は写真を見ると、翼のプロフィールが「美しい」

18033990_10210153523887549_8162746937506023130_n.jpg

これは重要なことで、削ぎ落とされ、極められていくと、そのシェープは綺麗になっていく。
だから写真を見ただけでも期待してしうのだ。

以前、そんな話をほかの競技の人とも話をしたが、自転車であれ、カヌーであれ、やはりシャープが綺麗なものが
レース用になっていくというような話で話は終わった。

世界選手権に向け、今この機体は作られ始めている。
私の手元に来るのはいつになるのだろう
今回、Lasportiva様とファルホーク様のスポンサードで
このグライダーを使用させて頂く予定です。

ENZO3.jpg

せっかくデザインも新しくなったらしいですが、今回は単色でのカラーリング。
楽しみです!!

posted by Yoshiki at 06:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

パワーを貯めています

手術は無事に終わりました。
全身麻酔っていうのは何回やっても怖いなと思います。
薬が入ってきたと思ったらぼーっとして、そして一気に夢も見ない眠りに入ります。

気が付けば病室。
手術室で一度必ず起こされるらしいのですが、そんな記憶は全然ありません。
今回やたらと細かい手術を先生が顕微鏡を使って4時間以上やってくれたということです。

17797531_1533495460014933_964282930_o.jpg

残念ながらジャニーズ入りするようにはしてくれませんでしたが・・・・。

昨日くらいまでは頭がぼーっとしたり点滴を打たれてたりでしたが、今は傷の落ち着きはじめています。
今はしっかりパワーを貯めて、これから始まるお祭りに向けて休養です。

posted by Yoshiki at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

明日のために

昨日から入院しました。

17776810_1528375500526929_124757536_o.jpg

今回の入院は本日の手術のためのものです。
事故から一年、傷はまだ完全な回復に至っていません。
目の後遺症、鼻の変形等々。
それでも人並みに動ける幸福に感謝しています。
今回は簡単に言うと涙がちゃんと流れるようにする手術です。

手術の説明を聞いていると、先生はまるで精密機械の修復を行うような
説明です。なんだか自分の体のことのように思えないです。
実際自分では手術しているときには夢の中なのですが。

手術の時期も、大会に復帰をするタイミングを先生と話し合って決めました。
最初の手術から次の手術まではしっかりと時間をおいて傷が落ち着かないと
できないそうです。それを踏まえて回復の時間も考えてこの日になりました。

予定では次の試合は6月のセルビアで行われるワールドカップ、そしてそのまま
イタリアで行われる世界選手権に出場する予定です。

飯嶋トレーナーとも体の作り方に関して話をし、それを始めていましたが、
この入院期間は少しだけおとなしくしていようと思います。

といっても既にストレッチポールや、トレーニングゴムは持ち込んでいますが・・・・。

17797023_1528378073860005_388532968_o.jpg

昨日の夜から手術に向けて現在絶食中。
腕に点滴もされて、入院患者っぽくなりました。

17797296_1528375517193594_481392207_o.jpg

それにしても、絶食されるとおいしいものが食べたくなる・・・・。
海外に遠征しているときよりも今のほうが日本食たべたーーーい!!と強く思ってます。

とりあえず、手術前に先生に「顔をイケメンにしてください」とお願いしてみよう。

17692825_1528375507193595_2070044276_o.jpg

この病院、山の景色が本当にきれいです。
今日も空は最高なコンディションにみえる・・・。


posted by Yoshiki at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ERUK ロゴ.png