ERUKロゴ.png
ay_bnr234.jpg

2017年06月26日

ドタバタの緊急事態。そしてフランスへ

最終日のことは、全く良いところもなく終了してしまい、記述するほど価値のあるものではなかったし、
いいところがなかった。独自の道を行くことを意識しすぎて、コンディションがどうにかなると
考えてしまっていたことに原因があるけれど、それでも最終日のレースはない。

s_DSCN2975.JPG

緊張感というものが抜けていすぎたのかもしれない。
最終日にまくればいい。そう考えていたのがそもそ間違いでした。
なんとなくですが、大会から離れていたブランクがこういうところに出てきています。

それに引き換え、今回、山下選手は毎日楽しそうに飛んでいた。

s_DSCN2971.JPG

ワールドカップの経験が少ないにも関わらず、のびのび飛んで、本来の力を十分に出していたのだと思う。
その結果。彼女は女子で優勝。

s_DSCN3006.JPG

素直にすごいです。
くぅ、なのに私は今回お知らせすることもできないくらいの成績。
飛ぶのは負けないくらい楽しんでいるのに、それよりも勝つことを考えすぎて
まったくもって空回りの成績でした。スーパーファイナルから進歩なしです。

世界選手権は今回とは違うスタンスで取り組んでいくつもりです。

さて、最終日、私があっけなくフライトを終了し、回収されるころ、
ゴール付近を飛んでいた同じく日本代表チームの廣川選手にアクシデントが発生していました。
低く飛んでいた彼は、近くに張ってある細い電線の保護ラインに気がつかず、気が付き急旋回した
のですが時すでに遅く、グライダーが一部引っかかるということが起きました。

幸い、彼自身はケガもなく、電線自体にも影響がなく結果としてよかったのですが、
グライダーはダメージを深くおいました。

来週にはイタリアでの世界選手権、替えのグライダーはないので、これを修復するしかありません。
が、手元にあるラインの予備や、キャノピー(グライダー本体)のリペア用の応急セットで治るほど
簡単ではありません。

そこで急きょOZONEチームのリュックに連絡をしたところ、OZONEファクトリーにきて直せばいい。
ということになり、急きょチケットを手配してその日の深夜バスでベオグラード空港へ向かいました。

s_20170625_000603.jpg

表彰式が終わって食事をして詰める荷物をとりあえず詰め込んで・・・・
そして修復するグライダーに自分の機材ももって・・・・。

s_20170625_001503.jpg

やたら重い。
バスで3時間、そこから空港までタクシーで30分。
うとうとと寝ながら空港に到着したのは4時半。

6時半の飛行機でしたが、小さい空港だから大丈夫だと思っていたら、
やたら混んでいる空港。

更に予約していた名前に間違えがあったり、エクストラバックの料金をほかで
払ったりともう搭乗にギリギリの時間・・・・。

s_20170625_063520.jpg

搭乗してようやくほっとしていたら、今度は隣に座る子供たちが初めての飛行機だったらしく、
写真は撮るははしゃぐはでまともに寝ることもできず。

そして経由地のローマ空港は、こんなに広いのか!!!と思う空港で、
着陸したところから、入国審査、そして搭乗口が端から端まで行かねばならないのに
乗り換え時間が1時間しかなく、ローマ空港を猛ダッシュ!!!!

なのに入国審査ゲートはたくさんカウンターがあるのに2人しかおらず、渋滞。
全く急ぐ気配もなし。

またしても飛行機搭乗にギリギリ、最後に乗り込み滑り込みセーフ。
ニースに到着して路線バスを乗り継ぎ、ようやくOZONEのリュックと合流したのでした。

日曜ということで、OZONEファクトリーも休み。
リュックも娘の習い事の用事がある中、私をファクトリーまで連れて行ってくれ、たのでした。
本当に感謝。

しかし、用事がある彼らがここまでしてくれたので、とりあえず、できることをやっておこうと、
ファクトリーで一人グライダーチェック。

s_20170625_153337.jpg

ラインは22本、キャノピーも10カ所ほどのリペアが必要。
場所とラインの種類をチェックして、明日は修復にかかります。

27日にはここで働くオノランとリュックがフランス代表選手なので、彼らとともにイタリア入りします。

posted by Yoshiki at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 競技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

自分の飛び! 追撃

残りの日程をトップに近い成績で飛びきること。
それがこの大会で私にできることです。
グライダーの調子はすごく良く、そのおかげで攻めに行ってしまって先日は
途中で降りてしまいました。
でも悪くない手ごたえもあります。グライダーが少しずつ自分のものになっている感じです。

大会5日目のこの日、天候もよく、いつもよりも30分早く集合がかかり、
一番広いテイクオフ(T.O.)へ上がるものの、T.O.の風は風速10m/s以上。
さすがに飛べる風ではなく、選手たちも、グライダーを出すことさえしません。
まぁ、これで飛んだら確実に飛ばされて行ってしまう・・・・。

ということでしばらくの待機

19449200_1629486623749149_1681225530_o.jpg


時間がたつにつれ、少しずつ風は弱くなっていき、そうしている間に、タスクコミッティー
達はタスクを考え、62.4qのたすくが発表されました。

Task5.png


風に逆らわず南西へと走っていくタスク。
発表され、風も少しづつ落ちてきているとあれば、飛ぶことになります。
相変わらず6m/s以上の風ですが、これなら問題なく出れます。

離陸とともに上昇。
最初は斜面に当たる風の上昇で山の斜面を移動しながら高度を稼ぎ、その中で、サーマルが混じっている場所を
探しながら、サーマルに入ったら旋回。
風には流されるので、ある程度山の稜線より奥まで流されたら、また風上に出て上昇を探していきます。

昨日のように強いだけで安定はしている。
ただ、昨日のこともあり、ある程度高度を稼いで山から離れると、定期的に強いサーマルが出てくることも
わかってきています。エリアに慣れてくるとそういった風の傾向もわかってきます。

上昇しては風上に移動していくのを繰り返していくと、突然強いサーマルに当たり始めます。
強い上昇気流が周期的に発生しはじめ、今までできていなかった雲を発生させ始めます。

s_DSCN2925.JPG

高度は徐々に1700mを越え、雲まではあと200mほど。
他の選手たちもそれに集まってきます。


今日はタスクキャンセルになることないようにと願いつつ高度をできる限り上げていく。
数人の選手たちは、高度を稼げているこの状況に雄たけびを上げて楽しんでいる奴らもいたりします。

私も同じ気分。

s_DSCN2931.JPG

スタート時間にこのままなり、一斉にスタートを切っていきます。
南下しながらスタート位置はトップに近い位置。
全体的に山よりも少し離れて進んでいくのに対して、私は山の真上を通るコースを選択。

少しずつその距離は広くなるものの、まずは山側でサーマルを捕まえ、ある程度進んでいくと、
谷を越えていく前に山から離れた場所でサーマルでしっかりつかみます。

ここで大きくなった集団は谷を渡っていきます。

s_DSCN2941.JPG

私は数機と南西、次のターンポイントへの近い距離への移動に対し、
大きな集団は田に渡った先の山の峰を狙って真っすぐ南へ移動。

条件的にはそちらも硬い選択だと思うものの。風が淀みやすい方向へ私は進みます。
谷を渡った先で弱い上昇をひっかけ少し高度を取り戻していくと、
そのままの高度でひたすら先に進んでいくペペ選手を数機。
目で追いかけながら高度を上げていくと、突然彼のグライダーがロケットのように上昇。

すかさず私も旋回をやめて一気にフルスピード!

そのサーマルに私とヤッセン選手が飛び込みます。
ペペ選手一行はそのまま雲の高さまで行って先行していきます。

私とヤッセンもそれに続きますが、少し遅れてます。
この時点で、ゴール到達高度はー400m。
コース取りをうまくやっていけば、これ以上サーマルに乗らなくても行けるかもしれません。

s_DSCN2932.JPG

サーマルで旋回するということはそれだけ進む時間が遅くなる。
特に今この状態で、ペペ選手一行に追いついて追い抜くことを考えると、コース取りを考えるしかありません。
ヤッセンも同じように考えていた様子で、コースを少し迂回しながら山の尾根の上を狙っていきます。
私もそれと同じコース取り。

そこでは思った通りの上昇ライン。高度を落とさないまま。いや、むしろ上昇しながら進みます。
なのでかまわずにアクセルは3/4以上踏んでグライダーを暴れさせないようにだけ気を付けて飛びます。

この時、我々よりはるか先に進んでいた2機のグライダーがいたのですが、低く先行しすぎて高度をその先で上げるのに
手間取っているのが見えます。これは問題なくパス。

最後のパイロンでようやくペペ選手一行をとらえてターンポイントを取り、最後のゴールラインへの滑空。
高度はこの時には到達予想高度+300mと出ているので、高度を失ってもスピードを出していけばいい。
最後の6qをフルスピードで飛びます。
私の前にはこの時点で3機。

しかし。当然彼らもフルスピードです。
グライダーが暴れないように、そしてつぶれないように緊張もMAXにしてグライダーをコントロール。
このグライダーで、これだけ長い時間MAXスピードで飛ぶのは初めて。
ENZO3(私のグライダー)はいままでの2より、サーマルに敏感。そのために、スピードを上げるほど、
少しの風の乱れで、グライダーが反応していきます。
でもスピードは緩められない。

さすがに最後まで距離はつめたものの追い抜くことはできずに4位でゴールラインを切りました。

s_DSCN2952.JPG

今日はいい出来。
入賞圏内にはもういませんが、最後まで順位を上げ、その先の世界選手権につなげていきます。
残りは最終日。

posted by Yoshiki at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 競技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

大会5日目まさかの・・・

競技残り日程はこの日を含めてあと3タスク。
一本も落とせない状況になっています。
やはり昨日のタスクを落としたのは痛い。

それでもそれは、自分が表彰台に上がるために攻めていった結果。
それはそれとして残りをしっかり結果を出していくしかありません。

===============================

ここに来た時には肌寒さを感じていました。
しかし、ここ数日は真夏のように暑くなっています。

s_DSCN2891.JPG

この日も天気は快晴。
照りつける太陽はじりじりと暑いですが、湿度がないので、汗ばむということはありません。

大会後半になると、日々のパターンがしっかりしてきます。
朝起きてブログを書き、朝食を食べに行ってHQへいき、受付を済ませ、車に乗ってT.O.へ向かう。

この日は風が強くなることと、夕方にサンダーストームの可能性があるということで組まれたタスクは
70q弱。

s_DSCN2896.JPG


私が練習日に飛んで行ったまさにそのコース。
あ、そういえば、結局練習日が一番コンディションがよかった・・・・。
タスクが発表されると選手は[LIVE TRACKER]というものを受け取ります。
これはGPSなのですが、選手がどこにいるのか、Web上で見れるようになっています。

s_DSCN2893.JPG

T.O.は今日も風向きで狭い場所を使うので、選手たちが並ぶ前にはスタンバイして離陸してしまいます。
最初に飛び出したのは私と廣川選手。
風は強いものの、サーマルは弱く、コアが小さいので、なかなか高度が上がらない。
風は強いので、斜面に近づけば高度を保つことはできます。

高度を斜面で上げては山から離れ、サーマルを探しに行くも、場が温まっていないのか、
サーマルが本当にない。
あったとしても上昇が弱く風に流されるので、結局元の位置まで戻される。
こんな繰り返しをしているうちに、選手たちがどんどん離陸してくるので、同じ空域に選手たちが
たまり始めて空中渋滞状態。

左右上下に注意を払って上昇をしてはまたサーマルを探す。

この高度ではスタート時間になってもスタートは難しいな。と考えるも、まだ時間はある、
そうこうしているうちに、雲が形成され始め、よし、これなら。と思うサーマルに入ると、
一気に高度は1500mを越えていきます。

s_DSCN2904.JPG

スタートまで雲の下までは高度が稼げそうだ。
そう考え始めたときでした。「Live tracker」かた警報音

うん??

それと同じく無線機から「Task is cancel」という声が連呼されます。

え????

ようやく高度が上がってこれからという時に??
風は強いけど、問題なく飛べるのに????

後で聞いた話だと、T.O.にはこの時10m/s近くの風が吹き、離陸できない選手もいて、
その周辺が危険だったという。

あぁ、この日を取らないといけなかったのに・・・・

そうは思うものの、キャンセルになってしまったものは仕方ありません。
指示通り。Nisの近くの着陸場に向かいます。

s_DSCN2915.JPG

この谷へと流れる風と、Nisの暖められた風が谷の真ん中で大きな上昇帯になり、先ほどまで
なかなか上がらなかった高度は今度は「いらない!!」というくらいの高さまであげられます。

たいてい必要な時には高度が下がって、必要ない時には上昇していくってのがパラグライダーの競技。

s_DSCN2911.JPG

指定されたランディングに降りると、

s_DSCN2921.jpg

地元の人たちが牛を丸焼きにしていました。

s_DSCN2919.JPG

いや、牛一頭を丸焼きにするのは初めて見た・・・・。
そこでビーフバーガーとビールがふるまわれ、のどと腹を満たしてNisへと戻ります。

s_DSCN2922.JPG

さて、あと2日。
あとは競技ができることを願うのみ

posted by Yoshiki at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 競技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

大会4日目 今日はゴールのはずなのに

大会は結果がすべて。
どんな過程を経ていても結果が出ないと意味がない。
この日は大会の肝になる日。

大会日程で最大6タスクできるワールドカップで、
既に1日がキャンセル、2日がポイントの低いタスク。
そして迎えた4日目。

s_DSCN2856.JPG

朝から抜けるような快晴。
風も弱く絶好な天気になりそうです。

この日は一番高度の高くて広さのあるT.O.を使うということで移動。
途中バンはスタックするわトラックはオーバーヒートするわでようやくたどり着いた山頂

s_DSCN2860.JPG

すぐに準備をします。
タスクも発表されたのですが、そのころには風がフォロー(追い風)になりだして、

s_DSCN2864.JPG

ここから急きょ昨日使用したT.O.へ移動することに。
慌ててグライダーをパッキングして1kmほどの距離をすぐに移動。

とにかく昨日のこともあるので、さっさと準備してプライオリティより早く飛んで空中にいることが
私にとって重要。

移動してゲートオープンが決まり、さっさと離陸することに成功。
高度は十分に上がっていきます。
2000mの高度を昨日は取れることなかったのですが、この日は何とかその高度に到達できます。

s_DSCN2865.JPG

スタート時間まで1時間半。
山を離れると上昇は弱いですが、高度はタスクに向かうのに十分取れるくらいには高い。
その後の展開を考えながらの待機。

そしてスタート時間。
一斉に130機がスタートに向かっていきます。
私も前方でたんポイントを取り、折り返し。

s_DSCN2876.JPG

その先に向かいます。
私のいる大きな集団は沖をそのまま南下していくのに対し、もう一つの集団は迂回しながらT.O.経由で
高度を取ってくる様子。しかし、圧倒的に時間がかかる。

しかし、我々のコースには上昇がない。
ひたすら高度を使って先へ先へと進みます。
そうはいっても高度が心もとなくなってきて、私は少しずつ山よりの迂回コースを取るのに対して、
横に広がった一番沖側にいるのはヤッセン選手は、ひたすら山から離れていきます。

そして、彼の機体がググッと持ち上げられるように上昇し、彼が得意とする強引ともいえる急旋回で
一気にサーマルのコアをとらえ見る見るうちに上昇。
それを見て一斉に彼の上昇気流に入ろうと数十機が群がります。
彼の最初の上昇に対して弱い上昇。
しかし、ここは高度をとらないと進めない。

s_DSCN2867.JPG

そして高度を1500m付近まで持ち直した時には、ヤッセン選手と数機のグライダーはさらに高く
先に進んでいく。これ以上離されると厳しい。

追走開始。
集団が彼を追うように進んでいきます。

s_DSCN2870.JPG

その先が致命的なミスを犯しました。
ヤッセンのグループをそのあとにすぐ追走していたグループが低くいくのに対し、
それ以外は少し町側を迂回していくコースに分かれていきます。

私はその真ん中のコースを高い位置で飛行。
選択ができる位置。

ヤッセンたちがその先の山側で再び高度を稼いでいるのをみて、山側が低いがそのさきに進めば
強い上昇に当たるとみて高度の低い集団のほうへ。

すると、その先はなんと強い風の吹きおろし。
見る見るうちに高度がなくなり、ついにはなんとあっという間に地上人。

その集団全員があっという間に着陸することに・・・・。
迂回していたグループは高度を稼いで先に進んでいきます。

この日はそのままヤッセン選手がトップゴールを果たし、80機もの選手がゴールしたのです。
日本人の参加選手も、私以外の全員がゴールを果たしました。
やってしまいました。

焦りがあったのか、判断がただ甘かったのか。

残りを確実に順位を上げていくように飛ぶしかありません


posted by Yoshiki at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 競技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

大会3日目 オーバーキャストに苦しむ

確かに予報されていた通りの天気になってきた。
朝から快晴。

s_DSCN2821.JPG

選手たちの動きも朝から早いのです。
昨日とは違い、標高の高いT.O.(離陸場)からのスタート。
ここは練習日に飛びに来たT.O.。しかし、ここから130人が飛ぶには狭い。
案の定、T.O.へ入るのにゲートが作られ、昨日のトップ15人と女性パイロットの後にしか出られないという
ことに。
あー早く飛びたいのに・・・・。

s_DSCN2829.JPG

この日のタスクは90q。
最初にT.O.の山から10q程離れたターンポイントまで北上し、その後T.O.からさらに南側のターンポイントに戻ってきて、
また北上しながら平野へ、あとは風を背負って南東へ行くというタスク。
やはり、天気予報は好転している様子。

s_DSCN2831.JPG

あとは準備も万全。飛ぶだけ!なのに、なかなか離陸時間が決まらない。
どうやらNisの空港へ降りる飛行機の時間を待っているとかいないとか。

空にはもうおいでおいで〜と呼んでいる雲があるのに・・・・・。
ようやく時間がきまり、T.O.のゲートにさっさと並ぶも、今度はトップ15と女子のプライとリティが
先だという。あぁ、そうじゃないかとそれより早く出てしまおうとさっさと準備していたのに・・・・。

そこからさらに飛ぶのに40分くらい待たされる。
上にはもう先に飛んだグライダーが高度を上げていく。

私の周りのパイロットも焦れてイライラとしてくる。

ようやく順番になり、離陸。
しかし、最初にでた選手たちにあったような上昇はなく、弱い上昇でゆっくり上がるしかない。
スタート時間までもそんなに時間がないのに。

ようやく雲の高さまで上がるが、既に大きく風上の沖のほうでスタート時間を待っている集団の場所まで
行って上げなおす時間的余裕はなく、少し北上してスタートライン近くの空域で待つ。
しかし、サーマルが本当に弱く、上がるか上がらないかのサーマルにのって高度を維持するのみ!

スタート時間になって、北上開始。
既にオーバーキャスト(上昇気流が活発過ぎて雲が発達し、空を覆ってしまう状態。)してしまって、上昇が
ほとんどない為、先頭から少し下がって先に進む。

s_DSCN2834.JPG

最初のターンポイントに到達したとき、先を行くヤッセン選手から順に、ロケットの発射のような上昇に乗るのが
前に見え、一気にスピードを上げていく。
それに続くグライダー達も上昇開始。

私も!!とその下に入るも「あれっ???」
弱い上昇しかない。

私より100mほど高度の高いグライダーはその上昇に入れた模様。
バブル(泡状)のサーマル。
それに入れなかった私は、ここで上昇するのに時間がかかってしまう。
バブルは一回上昇してしまった後にまた同じように上昇の塊が出ることがある、
それまで待つか、先に進むか・・・・。

しかし、進む先は完全にオーバーキャストしてしまって上昇の気配さえない。
やはり、この場所で上昇しなおさないと。

ここで先頭を行く集団に完全に遅れてしまった。
しかし、慌てても仕方ない。

P3450329.JPG

弱いコンディションならながいタスク中、まだ遅れを取り戻すチャンスもある。
そう言い聞かせてまずはじっくり高度を高めることに専念。

この日はほとんど廣川選手と行動を共にしていた。
お互いにサーマルを見つけあっては上昇し、そしてようやく南下していく。

s_DSCN2839.JPG

先には次のターンポイントを取りに行く遠いところのトップグループが雲の高さまで上げている。
あそこには追いつけないな。
それどころか、そこにたどり着く前に一度上昇しないといけない。

まだ対して距離を飛んでいないのに、やたらと時間がかかる

第2集団を形成していたグループに追いつくことができ、そこでなんとかかんとか上昇をしてその先の
ターンポイントに向かう時には既にトップグループは再び北上していくのが見えていた。

展開的には苦しい。
というか、上昇がとにかく弱い。

P3450319.JPG


ターンポイントを取って我々も北上!!
というところでまたしても高度が低く、T.O.近辺の山へ。
ここでまた上昇するまでに時間がかかる。

20機近いグループが上昇しあぐねておなじような空域にたまる。
あがるとも上がらないともしない空域の中、ようやくいい上昇に入って高度を上げるのに
また30分近い時間をロスしてしまった。

そこからは平野に。

先のグループを探すが、一向に見えない。
もうだいぶ進んでしまったのだろうか。
仕方ない。自分の今のポジションで効率よく飛ぶしかない。

進む方向は曇っているがそこから西方向には明らかに雨が降っているカーテンのような景色。
あれが迫ってきたらいやだな。
そう思いながら進む。

途中弱い上昇に当たり、高度を少し回復するが、上昇に力なく、それほど高度も上がらないので、
見切って先に。

平野を飛んでいるので、先に行く集団が見えそうなのに一向に見えない。
それほど離れてしまったのだろうか??

新しいグライダーは滑空性能も素晴らしい!
その滑空性能が一番いいスピードを探りながら飛んでいくが、高度は少しずつ少しずつ落ちていく。

ターンポイントをとって切り返す。
私の前にいた数機はその付近で高度が尽きて着陸していく。
私も余裕などない。

その先に1機だけ、上昇しているグライダーを発見。
何とかその下までたどり着くが、高度差があるその下にはもう上昇がない。
最後の高度を使ってそこまで行ってしまった私はもうどこにも行けず、その場に着陸。

振り返ると、共にいた集団が全員同じ近辺に着陸している。
実は先に行った集団も同じ周辺に降りていた。

s_DSCN2847.JPG
同じ場所に降りてしまったJost選手

どうやら私が最後に見たグライダーだけが最後のサーマルを捕まえ距離を稼ぎ、さらに20q程進んだらしい。
ゴールができないレースはどういった内容であれ、悔しい。

降りた場所は、本当の意味での「田舎」
ここに来ると、日本の田舎の都会さがわかる。

携帯が圏外で、集落まで歩いていくも、人の気配がない。
ようやくいたおじいさんと話そうとしても私はサッパリコミュニケーションが取れない。
Jost が話をして(Jostはスロベニア人で、セルビアとは言葉が近いのだという)この村には
何もないから数キロ移動した町に行かないと何もないよということ。

s_DSCN2850.JPG

しかし、30kgのグライダーを担いで5q以上の移動は得策でなく、その場で回収を待つことに。
結局この日帰ってきたのは21時を回っていた。

どうも明日はもっとコンディションがよくなるらしい。
それを期待してこの日は眠りについたのでした。




posted by Yoshiki at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 競技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

競技初日! 強風と戦う

晴れ間が戻ってきました。
回復傾向にあるといっていた天気予報は間違いなかった様子。

s_DSCN2795.JPG

9時の集合で、選手たちはフライトモードに。
T.O.までは軍の協力のもと、グライダーだけは
軍用車のトラックで兵士が運んで行ってくれます。

s_DSCN2796.JPG

ごついトラックだ。

s_DSCN2798.JPG

この日のT.O.は練習日に飛んだところではなく、
Nisの町に近い北向きの斜面。
T.O.にはついたものの、風がサイドフォロー(横から追い風)
なんだか怪しい風向き。

s_DSCN2800.JPG

とにかく天気もいいので準備だけはしっかりしていきますが、
どことなくまったりした空気。

s_DSCN2803.JPG

しばらく待ち時間があり、その後タスクが発表されました。
Task1の内容は69.23q。
強い北風を考えてスタートは一度南下し、Nisの町方面に3q程北上してからは、
北風を受ける低い山を風上方面に迂回しながら進み、そのあとはジグザグと風を背負っていくというタスク。


s_DSCN2812.JPG

タスクの内容は『タスクの内容』から

タスク発表された時間は、既にテイクオフタイムが過ぎている。
選手たちは慌てて『ライブトラッカー』を受け取っていそいそと準備をして離陸場へ。
しかし、これまた風が弱かったりサイドから来てたりして出れない。
後ろの選手たちは焦れてきます。

そこから150mほど歩いた場所にこの時の風向きにあった離陸場があるということで、
私は待っていられずにそこまで機材の装備をしたまま移動。

離陸してみると、風は強いものの本当に安定。
サーマルも弱いので、上昇するのに時間がかかる。

スタートは離陸した山の風下。
その後戻ってくることを考えると、高度が高くないと風につかまってしまう。
なので、スタート時間が来ていても高度がないうちは動けない。

s_DSCN2813.JPG

何とか高度を人よりも高くしたが、選手たちに動きがない。
1機だけ、ヤッセン選手だけは先に進んでいるのだが、彼のパターンだと予想通り。
それに続く人はいなかったのだが、私は十分だと判断してスタートへ。

そうすると続いてくる続いてくる。

スタートを切り、風上に戻ってくるのが予想通り大変。
高度がない選手たちはどんどん高度を落としていく。
高さを取っていたにもかかわらず、私と先頭グループを形成しつつあった選手たちも高度が低くなる。
何とか最初の高度を上げた位置に戻って高度をゆっくり上げ始める。

上空には黒い雲が形成され始めている。
後ろにいたグループはそれに乗って高い高度に上げ始めている。
それでも前に進むのは高度を消費していく。

なかなか進まない状況に5機ほどが高度をそこそこに先に進んでいく。
私はその後方で高度を高くして追走。

そのほかのグライダー達は発達し始めた雲に乗って高度を上げることに専念。

私が進む先も同じような雲。
これに乗っていけば問題ない。

グライダーは調子がいい。

s_DSCN2819.JPG

この日はとにかく、風は安定している。けれど、とにかく強い。
進むのに時間がかかるかかる。

ターンポイントをその後2つとって風下へ向かい始めるが、この時、高度が低くなっていた私と
その周りのグライダー達。

山側に進む選手は風の吹きおろしにあっていたり、高度が取れずに次々に着陸していく。
私も高度が低い。

何とか山から離れたところで弱い上昇にヒット。
これで何とか高度を戻していくしかない。

旋回を始めるが、下層程風は強く、一回旋回するたびに数百メートル進む。
その割に高度が上がらない。

s_DSCN2818.JPG

それを繰り返して繰り返して進むが、上に上がるスピードが上がらない。
結局、その先で高度が無くなって着陸。

その10分後に後方で高度を高くしていた10機ほどの集団が私の上を通り過ぎていった。

27q程で降りてしまった。
トップもゴールはできず、そこから10q程進んだところでこの日は終了。

結果はよくはなかったが、明日からはコンディションがかなり良いとのこと。
この日のポイントは低かったので、問題ない。

さぁ、レースが始まりました!


posted by Yoshiki at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 競技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

八海山を見ながらの戦い (国内第4戦鳴倉)

新潟の鳴倉山。ここはパラグライダーのエリアとしては有名な規模の大きなエリアです。
日本酒の名前でも有名な八海山をバックに広く大きな空域を飛べ、過去様々なドラマを生み出した
エリアです。


s_DSCN2674.JPG

10、11日の2日間で開催されたのですが、初日は寒冷前線通過による天候不順でのキャンセル。
2日目の日程に期待されました。
初日の夜には天候が回復、ストロベリームーンと騒がれていた満月もしっかり見える空。
ピンクではなかったけど・・・

s_DSCN2670.JPG

今回は私がタスクコミッティー(競技内容を決める人)に指名され、全日から天気とにらめっこしながら
2日目の内容を競技委員長と、もう一人のコミッティとともに試案。

翌日は天気予報よりもさらにコンディションがよく、空気も澄んでなんだか八海山や、ほかの山もクリアに見えて
すぐに届きそうに見えます。

この日用意していたのは60qと70q弱の2種類のタスク。
日本ではかなりのロングタスク。
ただ、コンディションとこのエリアのポテンシャルなら十分に行けるだろうという予想の元でのタスク設定。
そうはいっても、日射時間、風の入り方の予想をみて、最終的に60qのタスクに設定。

s_DSCN2679.JPG

ブリーフィング後、時間と同時に私は空へ

s_DSCN2686.JPG
海外遠征前のグライダーになれるのにも絶好のコンディション

s_DSCN2680.JPG

離陸してからすぐにサーマル(上昇)にヒット。
楽々と高度を稼げますが、思ったよりも高い高度には風が入り込んでいる様子。
風が入り始めの空は風がぶつかったりサーマルが混じったりと、時折不安定になりつつも
かっちり上昇します。

まだ少し熟練度が足りないグライダー。少しの違和感がありますが、これは新しいグライダーに乗るといつものこと。
このグライダーの癖を少しずつ自分のものにしていかないといけません。

レースはスタート後、八海山のすぐ脇まで飛んでいき、今度は折り返して反対側へ20q。
そしてその後八海山方面に戻りつつ、八海山を超えて30q行ってゴールという割かしシンプルなタスク。

しかし、その内容はシンプルではないのです。
山岳を通るとかなり起伏のある空域を通るので、飛ばし方を考えないと高度を維持できなかったり、
進むのに時間がかかったりしますし、山から離れた場所を通るには、上昇のラインを見極めていく必要があります。

スタート後、調子よくグライダーが飛んでくれるので、サーマルを突っ切って突っ切って山際を飛んでいくと、
かなり低く山間を飛ぶことに。
思ったほど強いサーマルに当たらず、これはまずいな。と高度をリカバリーする間にトップグループに抜かれ、
今度はそれを追う展開。
トップはこのエリアとの相性がいい成山選手。快調に飛ばしていきます。

s_GOPR0859.JPG

八海山からの折り返しで追いつくことができ、さらにその奥からの切り返しではまたその先に行くことに成功。
この日はトップグループは成山、小幡、荒井、平木、山下と私。そして別のコースからそれを追ってくる選手
たちもちらほら見えます。

s_DSCN2685.JPG

八海山からは、サーマルがなかなか弱い中を上昇しては進み、上昇しては進みとなかなかじれったい
展開。その中で、小幡、成山はまさかのランディング(着陸)。残りの4機で少し抜け出て最後の
サーマルに乗り、そのまま私がトップでゴールラインに飛び込んでいきました。

s_DSCN2684.JPG

ゴールまでは2時間。フライトは3時間半。
私がゴールを切っている頃には、その周辺もどんどんコンディションは良くなり、
その後のグライダー達は高い高度でゴールを切っていきます。

結果3分の2がゴールを達成することのできたレースとなりました!
(パラグライダーのレースでは着陸してしまうとその場でレースが終わってしまうい、ゴール
ラインを切れた人のみ時間得点をもらうことができる。)

s_G0010876.JPG
ゴール者たち

前回の九州大会からの2連勝!!(前回の尾神は不成立だったため)
よし、この勢いでヨーロッパに殴り込みだ!!

s_DSCN2692.JPG

大会開催における大会関係者の皆様方、お疲れさまでした。
そして、ありがとうございました!!



posted by Yoshiki at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 競技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

国内大会参加選手向け:GPSポイントの入れ方(NAVITER編)

パラグライダーの試合に重要なアイテム、それはGPS!!
どれだけすごい飛びをしても、誰よりも早くゴールしても、
GPSの軌跡だけがそれを証明してくれるのです。

また、今のレースはGPSにポイントを入れて飛ばないとどこがチェックポイント
なのかわからない、ついでに最後、どこから、どれくらいの高度があればゴールに
たどり着けるのか、それはGPSと経験と勘がそろわなければ勝負に出ることもできません。

そう!GPSはパラグライダーの大会にとってとても大切なマテリアルなのです!!

=========================================
さて、ここからはパラグライダーの選手、しかも一部にしか通用しない内容になります。
国内の大会では最近、事前にGPSのWaypointを入力しておくように!
というのが多くなってきています。次の鳴倉の大会はそれが「条件」のようになっている模様。
さて、そうはいっても機械に疎い人には敷居が高くなってしまうのでは???

それはこれからの課題にもなるのでしょう。大会選手の確保も必要ですが、
大会をやってくださる主催者たちも増えるようになるにはどうしたらいいのか・・・・・。

それはさておき、私が今使っているNAVITERのOUDIE4について、大会のWaypointの入力方法を
書いていきます。同じ機種を使っている方は参考までに。

*用意するもの
Naviter Oudie4(3でも同じ)
PC 
ケーブル

1.Oudieの電源を入れる

20170606_070905.jpg

2.PCも電源を入れてOudieとケーブルでつなぐ
20170606_070954.jpgPCとつながると写真のような画面になります。

3.PCにつなぐと↓のような画面が表示されます。
20170606_071009 (1).jpg


4.Waypointというフォルダをクリック!!
20170606_071021.jpg


5.JHFの大会フォームからWaypointをダウンロードします。
20170606_071111.jpg

ここから今回の場合は「鳴倉カップ」→「ウェイポイント」→J IDに自分のゼッケンを入力し、その隣の「形式」を
クリックして「Compe GPS wpt」を選択します。
そうするとwptファイルがインストールされます

6.インストールしたファイルをOudie に入れる
20170606_071137.jpg

マウスでダウンロードされたファイルをひょいっと先ほど開いたOudieのWaypointの中に入れちゃってください。
これでOudieにWaypointがはいります。

7.Waypointを設定する。
PCからOudieを抜き、通常の画面からSetting→Fileに入り、今入れたWaypoint を選択、設定します。
あーら簡単!!

==================================================

ワールドカップの場合、大会中貸し出されるGPSには、タスクが決まった後、通信でそのタスクが送られて
来ます。もっと簡単で確実にタスクが配信されるようになるといいんですが・・・。
そのうちなりそうな気もしますが。

正直、こういうところで飛ぶ前に心配がないようにして試合中はフライトに集中したいところです。

posted by Yoshiki at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 競技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

尾神の空は・・・・

大会の2日目。
夜に雨が降ったようで、湿気ていて、雲が多い朝。
雨は上がっていますが風が強く残っている。
昨日は早く寝て早くに起きたので、一度歩いて山頂に登って朝フライトを楽しもうと
考えていたものの、飛べる風域ではなく、なんだかトーンダウン。

美味しい朝食をいただいて、待機時間。
風が強くてすぐに山頂に行っても飛べそうもないので、
待ち時間が続きます。

そんな間に少しだけパイロット達と話をする時間をいただきました。
主には私が知りうる最近のグライダーの傾向や、セーフティーノート。
パイロット向きの話をさせていただきました。
海外の選手や、メーカーとの話をこういう機会に広げることが、安全につながるのかもしれません。

さて、天候も徐々に回復してきて山頂へと移動。
しかし、まだ風は強い・・・・。山頂では地元のBMX、トランポリン、軽食が取れる出店が出ていて
待ち時間も飽きなく遊べます。
うーん、こういう地元と連携しての盛り上げはいいです。

15時半まで待機が続きましたが、風の弱まる予報が遅れていたため、競技は残念ながら中止となってしまいました。
ただ、風は落ちてくる予報。
多くの選手たちはキャンセルと同時に下山していきましたが、私は少しでも飛びたいと思い、予報を信じて待機。
キャンセルから10分後には飛べるコンディションに。

ENZO3.1.jpg

新しいグライダーが来れば少しでも多く飛んで、このグライダーをものにしていきたい。
特にあと2週間後にはヨーロッパの試合が始まります。
いくら前のグライダーの後継機とはいえ、同じではありません。
ブレークの効き、アクセルの軽さ、グライダーの動き。
それらをしっかり感じて、自分のものにしていかないと!!

ENZO3.3.jpg

以前のグライダー(ENZO2)に比べると、アクセル時のスピードは格段に上がっています。
翼の硬さも前より上がっている??
それだけに潰れたときにどうなるかはまだわかりません。
もう少し、このグライダーを知るには飛ぶ必要がありそうです。

ENZO3.2.jpg
※写真は阿知波選手が撮ってくれたものを拝借しました。

尾神エリアの大会は残念ながら不成立になりましたが、新型機の最初のフライトができて
充実。大会関係者の方々、ありがとうございました。

6月10,11日は鳴倉での試合、そしてその翌週にはいよいよヨーロッパです。






posted by Yoshiki at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 競技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

ワールドカップフランス

土曜日からフランスのCoeur de Savoieというところでワールドカップが開催されています。
日本からは常連の廣川選手、日本の次世代トップクラスの岩崎選手、そしてこの大会で選手復帰なのか?
日本を代表する扇沢選手の3人が出場しています。

私は今回は日程が合わず、また、トレーニングも兼ねて6月からに照準を絞り、今回は参加していません。
なので、今回はワールドカップをしっかり観戦して、各選手の飛びを研究しようと思います。

さて、パラグライダーの大会をどうやって観戦するのか。
それは現代の通信技術とネットシステムに感謝です。


選手たちは安全を確保するために、誰がどこにいるかを試合中分かるようにライブトラッキングというGPSシステム
を持つことになっています。これは大会側が準備して毎日選手たちはこれを受け取ることが義務付けられています。

そのシステムを見ると、試合中のライブ映像が画面に配置されているのです。

PWC.jpg

選手たちの動きを見ながら、「なるほど、これを狙いに行ったんだな。」「この選手はやっぱりこういう飛びをするのか」
「こうして飛んだほうがろすが少ないな。」と勉強になります。
勿論、妄想の中では私もその中で飛んでいて、自分だったらこう飛んでいたな。とそこに入り込んでしまっているのですが。

レースに参加できていない自分がとてももどかしい。
いや、でも次のレースでこれが生きてくるであろうと思います。

昨日はフランスのLucの飛びが素晴らしかった。
恐らく渋かったコンディションの中、彼は中盤から攻め続け、最後までトップを守り続けた。
彼は先日奥さんを亡くして、しかも今回デビューした新型のグライダーも完成にこぎつけなくてはならず、
しかも選手としても一流で、彼のメンタルは強い。

また、注目はイタリアのアーロン。彼はXALPSに勝つために本当にコツコツと努力をしている。そして
昨年から本当に飛びが冴えていて、常に上位にいる。今日のトップは彼だった。彼の飛びは一言で言うと賢い。
周囲を本当によく見ていて、勝負どころがうまい。

あと4日の試合がどんなふうになっていくのか。
目が離せない。
posted by Yoshiki at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 競技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ERUK ロゴ.png