ERUKロゴ.png
ay_bnr234.jpg

2016年12月24日

友人になれるはずだった人

1年。特に今年の1年は激しく、早いものでした。
1年もかかってしまいました。
彼に会いに来るのに。

私は、彼と会話をしたり、助言を請うたりした。
友人になるにはもう少し言葉を交わす時間が必要だった。

彼は1年前、35歳でこの世を去った。
私はそれをテレビのニュースで知った。

ショックを受けた。彼は私にも影響を与えていたが、
それよりもはるかに多くの人たちに大きな影響を与えていたことに驚いた。

モトクロスの事故で下半身が不自由になったあとも、彼はその体でプロ復帰を目指して
バイクに乗り続け、練習を続けていた。
そんな彼は多くの人に勇気を与えていたし、同じような障害を負った人の希望のような存在でもあった。

そんな彼がいなくなった。
私は、その後、彼の葬式に出ることなくメキシコの試合に行った。
そして、帰国後、私も死の間際を覗くことになった。

私は生きていた。

死というものが思ったよりも近いところにあると否が応にも感じることになった。
私はそのことで、生きるということを強く考えさせられた。

そして、なんでもがむしゃらにやっていこうと思うに至った。
「人生は思ったよりも短い」

そんなことを思っての一年だった。
そして昨日、彼の墓をようやく訪れることができた。

20161223_100942.jpg

彼の墓はわかりやすかった。
なぜなら墓石の前にはRedBullや、Monsterといったエナジードリンクに、長さがあっていない
添えられてまもなく花が不器用に添えられていたから。

彼は死しても多くの友人に影響を与え続けている。
それを改めて感じた。

一方的に会話をさせてもらった。
私はこれからも進んでいく。
それもがむしゃらに行こうと思う。

WS00000194.jpg

戸田君。
もっと話をしてみたかったよ。




続きを読む
posted by Yoshiki at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 競技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

次なるたくらみとしくじり

2016年はもう数えるしかありません。
昨日、飯島町で私は仲間たちと一つの山場を越えました。
それは飯島町町長へのプレゼンが終了したということです。

このブログでもあまり具体的なことは言えずにいましたが、
今私は、長野県伊那谷をアウトドア天国にしてやろうというプロジェクトを進行させています。

長野県といえば白馬でしょ?ではなく、アクティビティーって伊那谷だよね。
みたいなことをやっているのです。
すなわち、ここに来れば、パラグライダー、MTB、ロードバイク、カヌー、SUP、ZIPライン、アドベンチャーパーク、
登山等々自然を遊びつくす場所を自治体とともに作り上げていこう!!
それを実現していくためのことをやっています。

ケガをして、伊那谷へと帰ってきて、この自然が我々の遊び場として最高の場所だと改めて思い、
また、そのタイミングで、様々な出会いがあり、こうした動きになっています。

パラグライダーに関しても、南北50q続く伊那谷はワールドカップが開催できるほどのポテンシャルを持っているし、
MTBなどが走れる場所もこれから多く作ることができそうです。

20161216_105516.jpg

なので、しょっちゅう山に入って調査したりしてます。

また、自然は豊かで、きれい。

20161216_105458.jpg

川だって泳げます。(雪解け水で死ぬほど冷たいけど・・・・)

ということで、仲間を集め、ここでこんな遊びを実現していこうぜ!とやり始めたのです。

received_821580781314956.jpeg

パラグライダーは私や、FieldJoyの殿塚さん、MTBは山本幸平さんや、壇拓磨さおうん、カヌーでは安藤太郎さん、
山岳には山岸慎英、プロデュースには岡部、前田等々、その道のプロたちが集まってくれて進んでいます。

あとは地元にもっと遊びを伝えて、地元の人にも遊んでもらおうというのが次のミッション。
そして、そこから観光客や、訪日外人等々を呼んでいこうという壮大な計画。

その中にはドロミテマンレースのような激しいレースをしたり、ワールドカップを誘致したり、子供たちのスポーツプログラムや、
会社研修をしたりと、アウトドアスポーツを通してソフト的な面も育てていくという構想。

もちろん、私が大会でまだまだ一線を張っていくということもやっていくというのは前提として。

ただ、この夢のような話が、今は実現化できるだけの人間が集まり、
実現化できるだけの協力が得られていて、それに進み始めました。

なになに?それ、おもしろそう!!!と思った人は、是非協力してください。
これを実現化していくということが、我々のようなスポーツをよくしていくはずです。

received_821580771314957.jpeg

さて、そういう動きの中、大会も迫ってきて、大変に準備にドタバタしているというのに、
私は全くおバカなど忘れをしていました。

なんとブラジルのビザとるの忘れていた・・・・・

やべー。
ということで今朝早く東京にきてブラジル領事館へ。

20161220_094851.jpg

ここって、9時から13時までしかやっていない・・・・。
しかも22日が最終日。

ビザを取るにはネットでやたらいろいろとフォームを埋めていって、
その完成した書類をここに持っていき、手続きをします。

そうするとブラジル銀行へ行けと言われ、10,400円支払って

20161220_091238.jpg

そしてまた領事館へ。

それにしてもどこの領事館もそうだけど、愛想ないよな・・・・。
なんとかビザは22日に発行してもらえることになり、
あとは受け取れば安心。

はぁ、これから長野へとんぼ返りです。

posted by Yoshiki at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

グライダーコントロール

今は東京に来ています。
明日は時間との勝負で人と会わなくてはなりません。

それもこれも自分のため。
人と会うということは好きです。

人と話すことで自分にないものを見たり感じたりできます。
それが自分が好みであろうとそうでなかろうと、どちらにせよ自分の
感知していなかったものを刺激してくれると感じるからです。

それが私が進む力にもなります。

さて、先日は長野県の生坂村というエリアで飛んできました。

ETPN0598.jpg


さて、人との会話を楽しむように、グライダーはいろいろなことを私に感じさせてくれます。

ETPN0599.jpg


年末、私は台湾に行き、ブラジルの前にコンディションを大会モードにしていこうという考えです。
グライダーは前のENZO2を使用、現在のグライダーはブラジルに会わせて温存です。
そう、今度のブラジルでは現在の愛機を使用することに決めました。

ということで生坂でグライダーのコントロールチェックとともに、気持ちよく飛んだ・・・・・・・
といいいたいとこですが、体が芯まで冷えました。

長野の北風を甘く見てはいけない・・・・・。


ETPN0600.jpg


さて、話は戻り、今は東京です。
そして先ほどまで数名のパイロット仲間と飲んでいたわけです。

20161213_222634.jpg

飲んでいた場所は「どん底」
んーいいネーミング。

「最低から出発だからいゝ名前だと思うよ」ということでこの名前に決まりました。

というのがこの名前が付いたらしい。50年前からあるいろいろな文豪が通った居酒屋。
だからこれから始まりの私にもぴったりです。

さ、年末を思いっきり駆け抜けていこう!!

posted by Yoshiki at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

古道再生プロジェクト

古道。伊豆半島に多くあるかつて木や炭を運ぶためにあった道。
それが今、新しい形で利用され、密かなブームになっています。

それをトレーニングがてら体験しに行った二人

DSCN1737.jpg

耕二郎 & 圭樹。 あぁ、ラブラブですねぇ
彼は私のトレーナーであり、現役のプロのスノーボーダーです。
で、この古道プロジェクトは何に活用されているかというと

DSCN1744.jpg

MTB。
主催している山伏トレイルツアーさんのトレイルに参加してきました。

静岡県からも注目され、町と協力しているこのプロジェクトは、
年々人気を集め、人を街に呼んでいます。
私もトレーニングに今MTBやロードバイクも取り入れている中、
自然を楽しみながら体もバランス力、判断力を鍛えるこのスポーツは楽しみながら
鍛えていけるツール。

DSCN1742.jpg

いろんなスポーツを楽しみながら、勿論パラグライダーも飛んで今楽しんで身体をトレーニングしてます。

それにしても、伊豆の自然というのは、とても独特な雰囲気を持っています。
海に近いことや、この半島が岩でできているということ、勿論緯度の問題も関係しているのですが、
同じ林の中でも長野のそれとは違います。

そして、このガイドツアーでは、その土地のいわれや、歴史なども、走っている途中にガイドもしてくれています。
前回の池田町もそうでしたが、ガイドやスタッフが、その土地の自然や、風土をポイントポイントで紹介してくれるのは
非常に興味深いものです。
楽しみながら、本当の意味で自然を満喫できます。

DSCN1736.JPG

そして富士の絶景と

DSCN1740.jpg

ここの主がバイカー達を迎えてくれています。

DSCN1747.jpg

ここでは自転車もレンタルがあるので、道具を持っていない人でも参加できます。
最後には温泉と美味しいもの

20161203_182832.jpg20161203_182832.jpg

満喫の西伊豆遠征でした。
posted by Yoshiki at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

池田町の遊び場

先日は、身内のことで多くの人にご心配とご迷惑をお掛け致しました。
詳しくはここには書きませんが、それでも多くの人からのメッセージ、ご協力を頂いたこと、本当に感謝致します。

さて、先日は福井県池田町に行ってきました。
行ってきた理由は

DSCN1690.jpg

そう、ZIPラインと

DSCN1708.jpg


アドベンチャーフォレスト!

いや、勿論遊びに行ってきたわけじゃないですよ。
遊んでませんって。

ただ、しっかり楽しんだだけ・・・・。

さて、ここはどこかというと


DSCN1652.jpg

まだ出来て間もないので施設はとても綺麗です。

DSCN1655.jpg


そしてここには年間10万人のお客が来ているということです。
ここの仕掛け人は最近我々とつるんでいる八郎氏

DSCN1715.jpg

今回は我々のガイド役です。

最初はZIPラインの体験。

DSCN1673.jpg

最近別のところが長さ日本一をとってしまいましたが、それまではここが日本一の長さを誇っていました。
しかし、最近それが抜かれてしまったとか。そうは言っても、480mと510mのジップラインが体験できます。

DSCN1693.jpg

これはなかなか楽しい!!

そしてそのあとはアドベンチャーパーク。
その中には木の上でくつろぐことのできるパートもあったりして。

DSCN1713.jpg

子供から大人まで楽しめる場所。
うーーん。我々の構想にもぜひ入れたい施設です。
posted by Yoshiki at 23:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

学生たちの空

長野からはるばる6時間。
山形県の南陽市。ここには南陽市が関わっているソアリングシステムというエリアがあります。
このエリアは、「日本で唯一車椅子で飛べるエリア」をうたい、綺麗な整備をされたエリアです。

DSC08084.jpg

まっすぐ言ってもストレスの全くない初心者に優しいエリアです。
市もパラグライダーを観光として捉え、色々と力を入れてくれているみたいです。
赤湯温泉とパラグライダー。

DSCN1636.jpg100円や200円で入れる温泉も多くあります。

駅舎のデザインもパラグライダーがモチーフなのだとか。

DSC08141.jpg

そんなエリアで行われた学生の大会「PINKCUP」に今回KEENアンバサダーとして参加させていただきました。
今回は、学生のパラグライダー・ハンググライダー合同の大会。
ルールもだいぶ特殊な初心者から上級者までみんなが楽しめる大会。

DSC08088.jpg

DSC08086.jpg

というか、ルールからして、結構真剣に飛ばないと、とんでもないポイント採点になってます。
なので大人気なく

received_700550930093670.jpeg

いつもの競技機(先代機)で参加です。

数日前関東では大雪が降ったばかりなので、こちらもしぐれてしまうのではないかと心配していましたが、
日本海側は逆に雪が全くなく、2日間ともにたくさん飛べた大会。

DSC08089.jpg

高度を上げると一面に広がる平野。その先にある街が南陽市。

received_700550380093725.jpeg

初日はサーマルも結構出て学生たちとも絡んで飛ぶことができ、
練習生たちも真剣にたくさん飛んでいたのが印象的でした。
若いし練習量も多いのだと思いますが、基本的なことは本当に上手だな。と感心。

2日間とも、朝は早くから準備して風が悪くなっても飛ぼうという姿は、なんだか私が忘れていたただ飛びたい!
という欲求を思い出させてくれました。

夜は大学生の飲みってものを観察させていただき、就寝。
2日目は曇空でただ飛んで降りるだけでしたが、
それでも私もトレーニングや、SKYパラグライダーのAPOROの試乗、最近のBクラスのグライダーのコントロールと
回復というものをテストさせていただき、有意義な2日間。

結果は

DSC08134.jpg

若い学生たちが表彰台!!
この大会で初めてフライト(?!)する学生や、初めてサーマルソアリングを体験したという学生もいて、
私の飛びが少しでも彼らの刺激になれたらと思うばかりです。

DSC08135.jpg

さて、そして6時間かけて長野に戻り、明日からは福井県の池田町へ視察旅行です。

posted by Yoshiki at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

その違いは・・・

先週、急遽関西に居残りしていった先はウェストジャパンパラグライダースクール。
そこで行われていた関西連のイベントをのぞきがてら、そこに来ているファルホークの前田さんとおちあい、
噂の新型機ZENOに乗ってみる予定でした。

DSCN1620.jpg

・・・・・のになのに、曇天。

というか山には目隠しのように雲がかかってる・・・・・。
ぶっ飛び(ただまっすぐ飛んで降りるだけのこと)をしても、グライダーの印象はよくわからない。
特に今見たいのはグライダーの比較!!
なので残念。この日は居残りしたのにもかかわらず、ZENOには乗らず・・・・・。

代わりにADというメーカーのUFOという機体で遊ばせていただきました。
この機体、シングルサーフェースと言って、通常のパラグライダーは上下に布が袋状になって空気をはらますことで
翼になるのに対して、上側にしか布がない翼。
数年前にこのタイプのグライダーが出現して乗ったときには、違和感がすごかったのに、いまや、通常のグライダーのようなコントロール感。

グライダーの進歩は素晴らしい。

DSCN1621.jpg

関西の懐かしの面々とも会えたし、次世代のパイロットにも会えたので、それはそれで満足。

さて、慌てて特急に乗り込み、その先は新幹線で名古屋。
そこからバス!と思ったのにバスが満席で乗れず、さらに特急と鈍行列車に乗って長野県に戻り、
そこから今度は車に乗り込み、伊那市にある”鈴の音”へ。

いつもお世話になっているClampさんの忘年会へ

DSCN1622.jpg

いい音楽とおいしい料理でこのドタバタな遠征が終了。

さて、そして一日おいての山形遠征です。
posted by Yoshiki at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

関西

関西に来ています。
で、何をしていたか。に関しては触れませんが、神戸で空いた時間に、気になっていた自転車屋さんに
行ったのです。そのお店は 「SPARK」というショップ。

20161118_144808.jpg


一見、喫茶店に見えるこのお店。喫茶店の奥に自転車ショップが入っています。

20161118_144754.jpg

このお店は喫茶店はスコーンで有名なお店ということで、確かにおいしい。

20161118_144913.jpg


自転車は、もともと自転車好きのオーナーが、裏にある六甲山に走りに行くツアーをやっていて
そのレンタルをやっていたところ、だんだんと販売もやるようになってきたという変わり種ショップ。
六甲山にも自転車トレイルがあるってのもびっくりですが、面白い話をたくさん聞けました。

素敵なイケメンオーナーは、元々スーパーバイクの凄腕メカニックだったらしいけれど、今はもう
自分がエンジンの自転車にどっぷりだそうです。

20161118_145021.jpg

話が盛り上がっていると、私がパラグライダーをやっているという話に。
「えっこの近くにもパラグライダーやってる人いますよ!」なんていうので、え?誰ですか?ときくと
「I山さんという人ですが」「・・・・はい、呼び出しましょう」ということになり、電話をして来ていただいたのは

20161118_155846.jpg

大会選手の入山選手。
いやぁ。つながっていきますねぇ。

夜はミーティングでソウルメイトの茶原さんと会合。

20161118_182205.jpg皇牛!!

会合場所は神戸にある「深山」という焼肉屋。
ここは長野の白馬にあるお店が出した神戸店。
白馬でも何度かお世話になりましたが、まさか、こんなとこにあるとは。
そしてうまい!!

20161118_182232.jpg

そしてたっぷり食ってたっぷり飲みながら話は進んでいきます。

そうして神戸の夜は更けていったのであります。
翌日、帰る予定で、大阪に移動し、バスのチケットを手に入れて帰ろうかとPCを開いて仕事をしながらいろいろと連絡を
とっていると、大変な事実が判明。
先日ブログUPしたグライダーの件、明日くらいしかとりあえず飛べるチャンスがなく、しかもオーダーするかは今月に
判断しないといけない!!

しかもなんとそのグライダーが兵庫にあり、明日は天気がいい!!
しまったー!!

スーツに革靴の私。
とりあえず、急いで大阪のKEENショップに行って靴をゲット!!

20161119_125936.jpg

店長の坂本さんとお話しして靴を決め

20161119_130501.jpg

そしていろいろと電話をして道具を手配!!
山下選手に車に乗せてもらって丹波へ!!

ということで急きょ明日は兵庫でフライトです

20161119_183239.jpg

posted by Yoshiki at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

世界を取るための道具を悩む

さて、本日は少しマニアックなパラグライダーの話。
パラグライダー以外の人にはわかりにくい話になるかもしれないけれど、自転車でもスキーでも
道具を使うスポーツ選手には必ず突き当たる手の話。


今のパラグライダーのXCというレースでは、道具のチョイスパイロットの腕と同じくらいに重要。
特にパラグライダーの本体についてはそれが言える。
どんなに腕の良いパイロットでも「勝てる」グライダーに乗っていないと、勝負にならない。
だからメーカー付きのパイロットが、他のグライダーに乗っているということがしばしば起きたりもする。

パラグライダーのメーカーは現在大小合わせて20以上のブランドがあるけれど、
ワールドカップクラスで勝つためのグライダーを作れているのがOZONEとGINという2社。


images.jpg  ダウンロード.png


OZONE社の3年前に発表した私の愛機でもあるENZO2

Enzo2.jpg

そしてGIN社が2年前にリリースしたBoomerang10

ダウンロード.jpg


ENZO2はもう丸々2年たっているのにかかわらず、トップに立ち続けているのだが、
グライダーの進化が激しく進んでいる中、ようやくFAI(国際航空連盟)の競技グライダーの新しいレギュレーションが
この夏に決まり、メーカーもようやくそのルールにのっとったグライダー作りをできることとなり、
ENZO3のテストが進んでいることはわかっていた。
もちろん他のメーカーもそれを越えるグライダー作りを行っている。
OZONEのライバル社であるGINもBoomerang11の発表が同じく次のスーパーファイナルになるのではないかと言われている。

そんな中、OZONEはZENOという新しいグライダーを発表して販売を開始した。
これは位置づけとすればフラッグシップモデルであるENZOシリーズの下、競技グライダー入門のようなものだと多くのトップフライヤーは
考えていた。なぜならENZO3の発表が今か今かというところだったからである。

Seiko-Fukuoka-OZONE-Zeno-1024x683-mwwmqa7oe0p3kuduqfp6wty80cdicln3b9cw3b5udc.jpgZENO

2017年は、1月にワールドカップスーパーファイナル、7月に世界選手権という大きな大会が控えている。
メーカーはそのグライダーの最大の評価を得るためにその大きな大会の前にリリースする。
そのタイミングはメーカーが最大の効果を得られる時に出す。
ENZO3は多くのパイロットが今か今かとリリースをまっていて、SF前にはそのグライダーが手に入ると思っていた。
しかし、ここにきてOZONEは、グライダーのリリースを世界選にするという発表をした。

さて、そうだとするとENZO2のまま戦うしかないかと思うけれど、そこで先日発表されたZENOが問題になってきた。
ZENOはENZO3の開発の過程で生まれたグライダーで、ここ2年の技術がつぎ込まれている。
ENZO2に比べて非常に安定している。
確かに滑空比はENZO2に劣る。そして上昇にかんしても比べると少し悪いということだ。しかし、トップスピードは
ENZO2に勝るということだ。
コンディションが弱いエリアなら迷うことなく今のENZO2がいい。しかし、コンディションが強いブラジルのシチュエーションでは
安定度が高く、トップスピードが勝るZENOでも十分な勝機がある。
パイロットがどう性能を使って戦うかという選択。

もちろん私はまだZENOに乗っていないので、どうだといわれるとわからないのですが、
ブラジルまで行くのは勝つためなので、道具選びから戦いは始まっているのです。





posted by Yoshiki at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

一歩一歩

週末は予報の割りに条件が悪く、
ハイクして登って

20161115001202552.jpg

フライトしたのに、あっけなく地上人。

20161115001344545.jpg

この谷の秋のコンディションを予報と実際をみての研究です。

ハイクからのフライトからのその後はサイクリング。
思いの外飛べなかった分、がっつり漕いでいきます。

伊那谷は南北に進むとフラット。東西に進むと山を登るか下るかという地形なので、その日のトレーニングにあわせてコースを設定できます。

東京にいたときと違って、信号が圧倒的に少ないので、走りやすい!

20161115002433034.jpg

怪我をする前の体力と筋力を取り戻していくのは時間がかかりそうです。

パラグライダーも長い試合になるとやはり体力勝負になってきます。激しいスポーツではないですが、来年始めにブラジルでのワールドカップ最終戦は2週間の長丁場。

ブラジルで毎日長時間フライトをしていくと当然疲れがたまり、つまらないミスをしてしまいがちです。

また、来年はエックスアルプス。今回は残念ながら出られませんが、自分が出るつもりで体を鍛えて行こうと思います。

さて、昨日から飯島町、宮田村にカヌーの安藤さん、テレビディレクターの岡部さんがきて、前回見れなかった川という川を調査、アクティビティの提案とプレゼンに来てくれています。

ここをいかに楽しいアクティビティエリアにしていくか、各種目のプロ達が本気で取り組んでくれています。

私も彼らからも刺激を受け進んでいます!
このフィールドが多くの人がワクワクするようなエリアにしていきます!

posted by Yoshiki at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ERUK ロゴ.png